増田 太郎 (マスダ タロウ)

MASUDA Taro

写真a

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  学士(農学)

  • 京都大学 -  修士(農学)

  • 京都大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本蛋白質科学会
  • 日本生化学会
  • 日本水産学会
  • 日本鉄バイオサイエンス学会
  • 日本微量栄養素学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 水圏生命科学

  • 応用分子細胞生物学

  • 食品科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A novel soybean protein disulphide isomerase family protein possesses dithiol oxidation activity: identification and characterization of GmPDIL6.

    Okuda A, Matsusaki M, Masuda T, Morishima K, Sato N, Inoue R, Sugiyama M, Urade R.

    Journal of Biochemistry168 ( 4 ) 393 - 405   2020年10月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • The High-Resolution Crystal Structure of Lobster Hemocyanin Shows Its Enzymatic Capability as a Phenoloxidase

    Taro Masuda*, Seiki Baba, Koichi Matsuo, Shinji Ito and Bunzo Mikami

    Archives of Biochemistry and Biophysics.   2020年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of Plant ER Oxidoreductin 1 (ERO1) Activity for Efficient Oxidative Protein Folding.

    Motonori Matsusaki, Aya Okuda, Koichi Matsuo, Kunihiko Gekko, Taro Masuda, Yurika Naruo, Akiho Hirose, Keiichi Kono, Yuichiro Tsuchi, and Reiko Urade

    Journal of Biological Chemistry   2019年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • The first crystal structure of crustacean ferritin that is a hybrid type of H and L ferritin.

    Taro Masuda*, Jiachen Zang, Guanghua Zhao and Bunzo Mikami

    Protein Science   2018年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Two types of phenoloxidase contribute to hemolymph po activity in spiny lobster.

    Taro Masuda*, Tatsuki Kawauchi, Yuya Yata, Yasuyuki Matoba, Haruhiko Toyohara

    Food Chemistry   2018年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Mineral Containing Proteins Roles in Nutrition

    Masuda T., Chen H. and Zhao G  単行本(学術書)  共著

    Springer  2017年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 鉄代謝のキープレイヤー・フェリチンの鉄給源としての可能性について

    増田太郎*、川端浩

    化学と生物    2017年08月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 赤血球造血におけるトランスフェリン受容体の役割

    川端浩、坂本宗一郎、増田太郎、内山達樹、大森勝之、H. Phillip Koeffler、高折晃史

    臨床血液     2016年07月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • NBS試薬を用いた疾患関連マーカタンパク質の探索

    松尾 英一、渡辺 真、増田 太郎、西村 紀

    島津評論    2006年09月

    総説・解説(その他)  共著

  • Genetic improvement of iron content and stress adaptation in plants using ferritin gene.

    Goto, F., Yoshihara, T., Masuda, T. & Takaiwa, F.

    Biotechnology and Genetic Engineering Reviews    2001年04月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • A genetic approach for phytoremediation of heavy metals. An approach for increasing the accumulation capacity within plants.

    Yoshihara, T. Masuda, T. & Goto, F.

    Recent Res. Plant Biol.    2001年02月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Interaction Analysis of Iron Chaperone PCBP1 and Human Ferritin H and L Chain

    WCPS2020(第20回日本蛋白質科学会年会)  国際会議  ポスター(一般) 

    2020年07月
    -
    2020年09月

  • 立体構造から読み解くタイプ3銅タンパク質の機能分化について

    第19回蛋白質科学会年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年06月
     
     

  • ダイズフェリチン遺伝子群の発現と鉄貯蔵への寄与

    第35回日本微量栄養素学会学術集会  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年06月
     
     

  • 似て非なる二種のタイプ3銅タンパク質・フェノールオキシダーゼとヘモシアニン

    日本農芸化学会2018年度大会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 植物フェリチン-その基礎から食品中の分布と鉄給源としての可能性について-

    鉄バイオサイエンス学会第41回学術集会(2017)  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2017年09月
     
     

全件表示 >>