加藤 直樹 (カトウ ナオキ)

KATO Naoki

写真a

職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  農学部  応用生命科学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  農学研究科  農芸化学専攻  修士課程  修了

  • 名古屋大学  生命農学研究科  生物機構・機能科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  学士(農学)

  • 北海道大学 -  修士(農学)

  • 名古屋大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会
  • 糸状菌分子生物学研究会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

  • 応用微生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure and biological activity of metarhizin C, a stereoisomer of BR-050 from Tolypocladium album RK17-F0007.

    Nogawa T, Kawatani M, Okano A, Futamura Y, Aono H, Shimizu T, Kato N, Kikuchi H, Osada H

    J Antibiot   2019年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Control of the stereochemical course of [4+2] cycloaddition during trans-decalin formation by Fsa2-family enzymes.

    Kato N, Nogawa T, Takita R, Kinugasa K, Kanai M, Uchiyama M, Osada H, Takahashi S

    Angew Chem Int Ed Engl   2018年07月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Biosynthesis and structure- activity relationship studies of okaramines that target insect glutamate-gated chloride channels.

    Kato N, Furutani S, Otaka J, Noguchi A, Kinugasa K, Kai K, Hayashi H, Ihara M, Takahashi S, Matsuda K, Osada H

    ACS Chem Biol   2018年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Wakodecalines A and B, new decaline metabolites isolated from a fungus Pyrenochaetopsis sp. RK10-F058.

    Nogawa T, Kato N. Shimizu T, Okano A, Futamura Y, Takahashi S, Osada H

    J Antibiot   2017年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Temperature during conidiation affects stress tolerance, pigmentation, and trypacidin accumulation in the conidia of the airborne pathogen Aspergillus fumigatus.

    Hagiwara D, Sakai K, Suzuki S, Umemura M, Nogawa T, Kato N, Osada H, Watanabe A, Kawamoto S, Gonoi T, Kamei K

    PLOS ONE   2017年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 麹菌においてマイコトキシン生産を防ぐセーフガードとシクロピアゾン酸生合成機構

    加藤直樹,徳岡昌文,篠原靖智,小山泰二,長田裕之

    JSM Mycotoxins    2014年09月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 麹菌の二次代謝産物研究の新展開

    徳岡昌文,加藤直樹

    日本醸造協会誌    2013年09月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • Construction of a microbial natural product library for chemical biology studies.

    Kato N, Takahashi S, Nogawa T, Saito T, Osada H

    Curr. Opin. Chem. Biol.    2012年04月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 天然化合物ライブラリーの構築と利用

    斎藤臣雄,野川俊彦,加藤直樹,近藤恭光,長田裕之

    蛋白質核酸酵素    2009年09月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • デカリン合成酵素Phm7およびFsa2の in vitroアッセイ系の構築

    日本農芸化学会2021年度大会  国内会議  口頭(一般) 

    2021年03月
     
     

  • [4+2]環化付加反応を触媒する酵素による天然物の立体制御

    理研シンポジウム「高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野シンポジウム2019」  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2019年12月
     
     

  • [4+2]環化付加反応を触媒するデカリン合成酵素の機能解析

    理研シンポジウム「デカリン化合物の化学合成と生合成」  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2019年08月
     
     

  • 環化付加反応を触媒する酵素と基質のリデザインによる非天然型機能性分子の創製

    新学術領域研究「生合成リデザイン」第6回公開シンポジウム  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2019年05月
     
     

  • 立体選択的[4+2]環化付加反応を担うFsa2ファミリーデカリン合成酵素の機能解析

    東京大学大学院薬学研究科天然物化学教室講演会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2018年10月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度長瀬研究振興賞

    公益財団法人 長瀬科学技術振興財団  出版社・新聞社・財団等の賞 

    受賞国:日本国

  • 2019年度理研梅峰賞

    理化学研究所  その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ニコチン性アセチルコリン受容体のダイナミズムの解明に基づく昆虫制御の先端開拓

    日本学術振興会  科研費 基盤研究(A)

    研究期間:2021年04月  -  2024年03月 

  • ⽴体選択的Diels-Alder反応を触媒する酵素の機能改変による⾮天然型機能性分⼦の創製

    ⻑瀬科学技術振興財団  ⻑瀬科学技術振興財団 研究助成

    研究期間:2021年04月  -  2022年03月 

  • モデル系統を用いた菌類におけるストリゴラクトン応答機構の解明

    日本学術振興会  科研費 挑戦的研究(開拓)

    研究期間:2020年04月  -  2025年03月 

  • 天然化合物の多様性拡張を志向した生合成分子基盤の解明

    日本学術振興会  科研費 基盤研究(A)

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月 

  • ゲノムマイニングと生合成酵素阻害剤処理を組み合わせた手法による新規化合物の探索

    日本学術振興会  科研費 基盤研究(C)

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月 

全件表示 >>