田中 悟 (タナカ サトル)

TANAKA Satoru

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

政治学、宗教学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学部  卒業 

  • 立命館大学  法学部  中退 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  国際協力研究科  修士課程  修了

  • 神戸大学  国際協力研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  修士(政治学)

  • 神戸大学 -  博士(政治学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本宗教学会
  • 「宗教と社会」学会
  • 特定非営利活動法人 汎太平洋フォーラム
  • 日本政治学会
  • 日本比較政治学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学 (ナショナリズム、戦争と死者)

  • 宗教学 (ナショナリズム、死者と慰霊)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 韓国における民族主義的運動団体の研究:歴史認識問題に関わる団体を中心に

    科学研究費補助金 

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2021年04月  -  2026年03月

  • 公的な死者の慰霊追悼の継承に関する研究―現代韓国を主な事例として

    科学研究費補助金 

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2021年04月  -  2025年03月

  • 韓国における公的な死者顕彰・慰霊システムの形成に関する研究

    科学研究費補助金 

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2016年04月  -  2022年03月

  • 90年代日韓歴史認識問題に関わるオーラルヒストリー

    科学研究費補助金 

    研究区分:国際共同研究 

    研究期間:2016年04月  -  2022年03月

  • 国家神道と国体論に関する学際的研究―宗教とナショナリズムをめぐる「知」の再検討―

    科学研究費補助金 

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2015年10月  -  2018年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 死者を通じて見る韓国ネイション内部の「亀裂」について

    田中 悟

    国家神道と国体論に関する学際的研究―宗教とナショナリズムをめぐる「知」の再検討―   267 - 275   2018年03月

    単著

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • 韓国葬墓文化の現状と課題

    田中 悟

    国際協力論集24 ( 2 ) 99 - 113   2017年01月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 韓国葬墓文化における自然葬に関する覚書

    田中 悟

    国際協力論集23 ( 2 ) 145 - 160   2016年01月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 現代韓国におけるナショナルな死者に関する一考察―民主化運動関連の死者を中心に―

    田中 悟

    政治経済史学 ( 579 ) 1 - 22   2015年03月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • コミュニティ・メディアの成功の条件とその可能性―中海テレビ放送を事例として

    林 葉子,田中 悟

    国際協力論集22 ( 1 ) 149 - 177   2014年07月

    共著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 平成時代の日韓関係―楽観から悲観への三〇年

    木村 幹,田中 悟,金 容民 他  単行本(学術書)  共著

    ミネルヴァ書房  2020年07月

  • 国家神道と国体論―宗教とナショナリズムの学際的研究

    藤田 大誠 他  単行本(学術書)  分担執筆

    弘文堂  2019年09月

  • 日本宗教史のキーワード―近代主義を超えて

    大谷栄一, 菊地暁, 永岡崇 他  (担当部分:韓国葬墓文化の変容)  単行本(学術書)  共著

    慶應義塾大学出版会  2018年08月

  • ブッダの変貌―交錯する近代仏教

    末木文美士・林淳・吉永進一・大谷栄一  (担当部分:デヴィット・L・マクマハン「仏教モダニズム」)  単行本(学術書)  分担執筆

    法蔵館  2014年03月

  • 聖地巡礼ツーリズム

    星野英紀・山中弘・岡本亮輔  (担当部分:韓国の戦没者墓地―死者の顕彰と地域利害)  単行本(学術書)  分担執筆

    弘文堂  2012年11月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「兵士の「生と死」を取り巻く社会」をめぐるコメント

    「兵士の「生と死」を取り巻く社会」(『理論と動態』14号特集)合評会  ウェブ開催  国内会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

  • 現代史の「和解と統合」に向けた課題―京畿道高陽市を事例に―

    日本宗教学会第80回学術大会  ウェブ開催  国内会議  口頭(一般) 

    2021年09月
     
     

  • 現代史の「葛藤」をいかに「記念」するか―京畿道高陽市を事例として―

    龍谷大学LORC インクルーシブツーリズム研究会  ウェブ開催  国内会議  公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 

    2021年03月
     
     

  • 現代韓国における火葬普及後の墓地形態の変化について

    日本宗教学会第78回学術大会  帝京科学大学  国内会議  口頭(一般) 

    2019年09月
     
     

  • 国家による動員と神道との関係について

    日本宗教学会第76回学術大会  東京大学  国内会議  口頭(一般) 

    2017年09月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 公的な死者の慰霊追悼の継承に関する研究―現代韓国を主な事例として

    科学研究費補助金

    研究期間:2021年04月  -  2025年03月 

  • 韓国における公的な死者顕彰・慰霊システムの形成に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金

    研究期間:2016年04月  -  2022年03月 

  • 現代韓国「葬墓文化」の変容に関する研究―1990年代以降を中心に―

    日本学術振興会  科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月  -  2017年03月 

  • 死者を通じて形成される世界観に関する研究―「ナショナルな墓地」を手がかりとして―

    日本学術振興会  科学研究費補助金

    研究期間:2010年04月  -  2013年03月 

  • 国民国家的世界観の成り立ちに関する政治学的研究―韓国における「死者と戦争の境界線」の政治―

    三島海雲記念財団  平成20年度(第46回)学術研究奨励金

    研究期間:2008年07月  -  2009年06月 

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 平成時代の日韓関係 楽観から悲観への三〇年

    2020年07月
     
     

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示