宇野 恭介 (ウノ キョウスケ)

UNO Kyosuke

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  薬学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  自然科学研究科  修士課程  修了

  • 金沢大学  自然科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学 -  修士(薬学)

  • 金沢大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本神経化学会
  • 日本神経精神薬理学
  • 日本アルコール・アディクション医学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 生物系薬学

  • 精神神経科学

  • 薬理系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Glycine receptor α4 subunit facilitates the early embryonic development in mice.

    Nishizono H, Darwish M, Endo TA, Uno K, Abe H, Yasuda R.

    Reproduction.   2020年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • A Single Medical Marker for Diagnosis of Methamphetamine Addiction - DNA Methylation of SHATI/NAT8L Promoter Sites from Patient Blood.

    Yuka K, Nishizawa D, Hasegawa J, Uno K, Miyanishi H, Ujike H, Ozaki N, Inada T, Iwata N, Sora I, Iyo M, Yamada M, Kondo N, Won MJ, Naruse N, Uehara-Aoyama K, Ikeda K, Nitta A.

    Curr Pharm Des.   2020年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Vulnerability to depressive behavior induced by overexpression of striatal Shati/Nat8l via the serotonergic neuronal pathway in mice.

    Uno K, Miyanishi H, Sodeyama K, Fujiwara T, Miyazaki T, Muramatsu SI, Nitta A.

    Behav Brain Res.   2019年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • N-acetylaspartate availability is essential for juvenile survival on fat-free diet and determines metabolic health.

    Hofer DC, Zirkovits G, Pelzmann HJ, Huber K, Pessentheiner AR, Xia W, Uno K, Miyazaki T, Kon K, Tsuneki H, Pendl T, Al Zoughbi W, Madreiter-Sokolowski CT, Trausinger G, Abdellatif M, Schoiswohl G, Schreiber R, Eisenberg T, Magnes C, Sedej S, Eckhardt M, Sasahara M, Sasaoka T, Nitta A, Hoefler G, Graier WF, Kratky D, Auwerx J, Bogner-Strauss JG.

    FASEB J.   2019年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulatory system of mGluR group II in the nucleus accumbens for methamphetamine-induced dopamine increase by the medial prefrontal cortex.

    Haddar M, Uno K, Hamatani K, Muramatsu SI, Nitta A.

    Neuropsychopharmacol Rep.   2019年07月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Shati/Nat8l and N-acetylaspartate (NAA) have important roles in regulating nicotinic acetylcholine receptors in neuronal and psychiatric diseases in animal models and humans

    Atsumi Nitta● Hiroshi Noike● Kazuyuki Sumi● Hajime Miyanishi● Takuya Tanaka● Kazuya Takaoka● Miyuki Nagakura● Noriyuki Iegaki● Jin-ichiro Kaji● Yoshiaki Miyamoto● Shin-Ichi Muramatsu● Kyosuke Uno​  単行本(学術書)  共著

    Springer Nature  2019年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 薬物依存において発現変化する分子とそのシグナル経路.

    宮本嘉明, 傅柯荃, 宇野恭介, 新田淳美.

    分子医学.    2018年01月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 依存症の分子病態解析.

    新田淳美, 宇野恭介, 鍋島俊隆, 宮本嘉明.

    脳21    2016年01月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 薬物依存関連新規分子の生理機能解明について.

    宮本嘉明, 斎鹿絵里子, 堀悦郎, 家垣典幸, 石川雄大, 鷲見和之, 鍋島俊隆, 村松慎一, 西条寿夫, 宇野恭介, 新田淳美.

    日本神経精神薬理学雑誌    2013年08月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • テアニンによるマウス海馬歯状回におけるリン酸化mTORレベル増加.

    日本薬学会第140年会.  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • Minoxidil suppressed cerebral ischemic injury by direct effect on neural tissues but not by reducing blood pressure.

    第93回日本薬理学会年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • Inhibitory effects onmethamphetamine-induced dependence by Shati/Nat8l overexpression in the medial prefrontal cortex of mice

    Toyama Forum for Academic Summit on "Dynamic Brain"  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年12月
     
     

  • うつ病脆弱性因子としてのShati/Nat8lの解析

    第42回日本分子生物学会年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年12月
     
     

  • Exploring the role of APLNR modified post-translationally in the mouse central nervous system.

    第42回日本分子生物学会年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年12月
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • プロポリスのミセル化抽出物を有効成分とする認知機能改善剤

    特許

    特願:特願2016-151747 

    新田淳美, 鷲見和之, 野池悠, 宇野恭介

    出願国:日本国  出願日:2016年08月02日 

  • 精神障害の検査方法および検査キット

    特許

    特願:PCT-TU21-85 51400342321 

    新田淳美 宇野恭介

    出願国:日本国  出願日:2014年02月18日 

  • 精神障害の検査方法および検査キット

    特許

    特願:特願2013-29643 

    新田淳美 宇野恭介

    出願国:日本国  出願日:2013年02月19日 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 線条体におけるうつ病脆弱形成遺伝子の新規探索

    科研費

    研究期間:2019年04月  -  継続中 

  • 薬物乱用防止を目指した薬物乱用患者とSHATI/NAT8Lの遺伝子関連解析

    科研費

    研究期間:2017年04月  -  2019年03月 

  • 統合失調症における認知機能障害の原因解明と治療法への探求

    科研費

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月 

  • 危険ドラッグの生体への障害メカニズムおよびShati/Nat8lによる保護効果

    科研費

    研究期間:2015年04月  -  2017年03月 

  • 双極性障害治療薬の開発を目指した新規動物モデルの作製

    科研費

    研究期間:2015年04月  -  2016年03月 

全件表示 >>