宇野 恭介 (ウノ キョウスケ)

UNO Kyosuke

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  薬学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  自然科学研究科  修士課程  修了

  • 金沢大学  自然科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学 -  修士(薬学)

  • 金沢大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会
  • 日本薬学会
  • 日本神経化学会
  • 日本神経精神薬理学
  • 日本アルコール・アディクション医学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学

  • 生物系薬学

  • 精神神経科学

  • 薬理系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhibitory effects of Shati/Nat8l overexpression in the medial prefrontal cortex on methamphetamine-induced conditioned place preference in mice.

    Haddar M, Uno K, Azuma K, Muramatsu SI, Nitta A.

    Addict Biol   2019年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Overexpression of transmembrane protein 168 in the mouse nucleus accumbens induces anxiety and sensorimotor gating deficit.

    Fu K, Miyamoto Y, Sumi K, Saika E, Muramatsu SI, Uno K, Nitta A

    Plos One   2017年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Behavioral impairment in SHATI/NAT8L knockout mice via dysfunction of myelination development.

    Sumi K, Uno K, Noike H, Tomohiro T, Hatanaka Y, Furukawa-Hibi Y, Nabeshima T, Miyamoto Y, Nitta A

    Sci Rep   2017年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Involvement of the accumbal osteopontin-interacting transmembrane protein 168 in methamphetamine-induced place preference and hyperlocomotion in mice.

    Fu K, Miyamoto Y, Otake K, Sumi K, Saika E, Matsumura S, Sato N, Ueno Y, Seo S, Uno K, Muramatsu SI, Nitta A.

    Sci Rep   2017年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Striatal N-acetylaspartate synthetase Shati/Nat8l regulates depression-like behaviors via mGluR3-mediated serotonergic suppression in mice.

    Miyamoto Y., Inagaki N., Fu K., Ishikawa Y., Sumi K., Azuma S., Uno K., Muramatsu S., Nitta A.

    Int J Neuropsychopharmacol   2017年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マウス線条体のShati/Nat8lはうつ様症状発症に脆弱性を示す

    第139回日本薬学会年会  国内会議  口頭(一般) 

    2019年03月
     
     

  • 線条体のShati/Nat8lはうつ様症状発症の脆弱性を決定づける

    第92回日本薬理学会年会  国内会議  口頭(一般) 

    2019年03月
     
     

  • 前頭前皮質のShati/Nat8l過剰発現はメタンフェタミン誘発性の場所嗜好性を減弱する.

    第92回日本薬理学会年会  国内会議  口頭(一般) 

    2019年03月
     
     

  • SHATI/NAT8Lの血中DNAメチル化は未治療のうつ病患者において上昇する

    第92回日本薬理学会年会  国内会議  口頭(一般) 

    2019年03月
     
     

  • 前頭前皮質Piccolo発現抑制マウスにおける統合失調症モデル動物開発に向けての行動薬理学及び神経化学的解析

    日本薬学北陸支部 第130回例会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年11月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 線条体におけるうつ病脆弱形成遺伝子の新規探索

    科研費

    研究期間:2019年04月  -  継続中 

  • 薬物乱用防止を目指した薬物乱用患者とSHATI/NAT8Lの遺伝子関連解析

    科研費

    研究期間:2017年04月  -  2019年03月 

  • 統合失調症における認知機能障害の原因解明と治療法への探求

    科研費

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月 

  • 危険ドラッグの生体への障害メカニズムおよびShati/Nat8lによる保護効果

    科研費

    研究期間:2015年04月  -  2017年03月 

  • 双極性障害治療薬の開発を目指した新規動物モデルの作製

    科研費

    研究期間:2015年04月  -  2016年03月 

全件表示 >>