ファナニ ムハマド (ファナニ ムハマド)

Much Zaenal Fanani

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • Airlangga University   Faculty of Science and Technology Department of Chemistry   卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • アイルランガ大学   科学・技術研究科   修士課程  修了 

  • 大阪大学   工学研究科   生物工学専攻  修士課程  修了 

  • 大阪大学   工学研究科   生物工学専攻  博士課程  単位取得満期退学 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • アイルランガ大学  -  修士(理学)

  • 大阪大学  -  修士(工学)

  • 大阪大学  -  博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会
  • 日本植物生理学会
  • 日本農芸化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生命科学・植物病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Ally lic Hydroxylation Activity Is a Source of Saponin Chemodiversity in the Genus Glycyrrhiza

    Much Z. Fanani, Satoru Sawai, Hikaru Seki, Masato Ishimori, Kiyoshi Ohyama, et al.

    Plant and Cell Physiology   2021年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Molecular basis of C—30 product regioselectivity of legume oxidases involved in high—value tri terpenoid biosynthesis

    Much Zaenal Fanani, Ery Odette Fukushima, Satoru Sawai, Jianwei Tang, Masato Ishimori, et al.

    Frontier in Plant Science   2019年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Inhibitory activity and docking analysis of antimalarial agents from Stemona sp. toward ferredoxin-NADP+ reductase from malaria parasites

    Pratiwi Pudjiastuti, Ni Nyoman T. Puspaningsih, Imam Siswanto, Much Z. Fanani, et al.

    Journal of Parasi tology Research   2018年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Sequence Analysis of the Gene Region Encoding ESAT—6, Ag85B, and Ag85 C Proteins from Clinical Isolates of Mycobacterium tuberculosis

    Ni Made Mertaniasih, Didik Handijatno,Agnes Dwi Sis Perwitasari, Desak Nyoman Surya Suameitria Dewi, Much Zaenal Fanani, et al.

    Procedia Chemistry   2016年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Biochemical Potential of—L—Arabinofuranosidase as Anti —Tuberculosis Candidate

    One Asmarani, Much Zaenal Fanani, Ni Nyoman Tri Puspaningsih.

    Procedia Chemi stry   2016年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>