田中 茂幸 (タナカ シゲユキ)

TANAKA Shigeyuki

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学  農学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学  農学研究科  生物生産環境学専攻  修士課程  修了

  • 京都府立大学  農学研究科  生物生産環境学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学 -  修士(農学)

  • 京都府立大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物環境微生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The functionally conserved effector Sta1 is a fungal cell wall protein required for virulence in Ustilago maydis.

    Shigeyuki Tanaka, Isabelle Gollin, Nicole Rössel, Regine Kahmann

    New Phytologist   2020年07月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Neofunctionalization of the secreted Tin2 effector in the fungal pathogen Ustilago maydis.

    Shigeyuki Tanaka, Gabriel Schweizer, Nicole Rössel, Fumi Fukada, Marco Thines, Regine Kahmann

    Nature Microbiology   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • An assay for entry of secreted fungal effectors into plant cells.

    Libera Lo Presti, Bernd Zechmann, Jochen Kumlehn, Liang Liang, Daniel Lanver, Shigeyuki Tanaka, Ralph Bock and Regine Kahmann.

    New Phytologist   2017年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Experimental approaches to investigate effector translocation into host cells in the Ustilago maydis/maize pathosystem

    Shigeyuki Tanaka, Armin Djamei, Libera Lo Presti, Kerstin Schipper, Sarah Winterberg, Simone Amati, Dirk Becker, Heike Büchner, Jochen Kumlehn, Stefanie Reissmann, Regine Kahmann.

    European Journal of Cell Biology   2015年07月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Fungal Effectors and Plant Susceptibility.

    Libera Lo Presti, Daniel Lanver, Gabriel Schweizer, Shigeyuki Tanaka, Liang Liang, Marie Tollot, Alga Zuccaro, Stefanie Reissmann, Regine Kahmann.

    Annual Review of Plant Biology   2015年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Cell wall–associated effectors of plant-colonizing fungi

    Shigeyuki Tanaka, Regine Kahmann

    Mycologia    2021年02月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • Ustilago maydis effectors and their impact on virulence.

    Daniel Lanver, Marie Tollot, Gabriel Schweizer, Libera Lo Presti, Stefanie Reissmann, Lay-Sun Ma, Mariana Schuster, Shigeyuki Tanaka, Liang Liang, Nicole Ludwig, Regine Kahmann.

    Nature Reviews Microbiology    2017年07月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • Microbial effectors target multiple steps in the salicylic acid production and signaling pathway.

    Shigeyuki Tanaka, Xiaowei Han, Regine Kahmann.

    Frontiers in Plant Science    2015年05月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • トウモロコシ黒穂病菌と宿主の細胞間コミュニケーションの解明に向けて

    第4回 植物病理を紡ぐ会  国内会議  公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 

    2021年03月
     
     

  • トウモロコシ黒穂病菌が分泌する細胞外小胞に含まれるノンコーディングRNA

    令和3年度日本植物病理学会大会  国内会議  口頭(一般) 

    2021年03月
     
     

  • トウモロコシ黒穂病菌が分泌する細胞外小胞のプロテオミクス解析による病原性関連膜タンパク質の同定

    日本植物病理学会全国大会  国内会議  口頭(一般) 

    2020年03月
     
     

  • The functionally conserved effector Sta1 is a fungal cell wall protein required for virulence in Ustilago maydis.

    15th European conference on fungal genetics  国際会議  ポスター(一般) 

    2020年02月
     
     

  • 機能的に保存されたエフェクターSta1はトウモロコシ黒穂病菌の病原性に必要な糸状菌細胞壁タンパク質である

    日本植物病理学会関西部会  国内会議  口頭(一般) 

    2019年09月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 植物と病原菌間における細胞間コミュニケーションの分子機構の解明

    日本学術振興会  国際共同研究加速基金(帰国発展研究)

    研究期間:2020年04月  -  継続中