松尾 充啓 (マツオ ミツヒロ)

MATSUO Mitsuhiro

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  地球環境科学研究科  修士課程  修了

  • 名古屋大学  理学研究科  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  学士(理学)

  • 名古屋大学 -  修士(地球環境科学)

  • 名古屋大学 -  博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物生理学会
  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Preculture in an enriched nutrient medium greatly enhances the Agrobacterium-mediated transformation efficiency in Arabidopsis T87 cultured cells.

    Takayuki Hata, Kazuki Mukae, Soichrou Satoh, Mitsuhiro Matsuo, Junichi Obokata

    Plant Biotechnology38   179 - 182   10.5511/plantbiotechnology.20.12.11b   2021年03月

    共著

    担当部分特定不可能: データの分析、解釈、原稿のproofreadingを担当

    研究論文(学術雑誌)

  • Kozak sequence acts as a negative regulator for de novo transcription initiation of newborn coding sequences in the plant genome.

    Takayuki Hata, Soichirou Satoh, Naoto Takada, Mitsuhiro Matsuo, Junichi Obokata

    Molecular Biology and Evolution   2021年03月

    共著

    担当部分特定不可能: データの分析、解釈、原稿のproofreadingを担当

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Alternaria brassicae induces systemic jasmonate responses in Arabidopsis which travel to neighboring plants via a Piriformsopora Indica hyphal network and activate Abscisic acid responses.

    Khabat Vahabi, Michael Reichelt, Sandra S. Scholz, Alexandra C. U. Furch, Mitsuhiro Matsuo, Joy M.Johnson, Irena Sherameti, Jonathan Gershenzon and Ralf Oelmueller

    Frontiers in Plant Science   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of spliced leader trans-splicing in a photosynthetic rhizarian amoeba, Paulinella micropora, and its possible role in functional gene transfer.

    Mitsuhiro Matsuo, Atsushi Katahata, Soichirou Satoh, Motomichi Matsuzaki, Mami Nomura, Ken-ichiro Ishida, Yuji Inagaki and Junichi Obokata

    PLOS ONE   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of direct targets of Arabidopsis RRTF1, a H2O2 responsive AP2/ERF transcription factor whichmediates multiple stress responses.

    Ayaka Hieno, Mitsuhiro Matsuo, Ralf Oelmueller and Yoshiharu Y.Yamamoto

    Endocytobiosis and Cell Research   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 有殻アメーバが獲得した葉緑体様オルガネラの進化についてのトランスクリプトーム解析

    第62回日本植物生理学会年会  松江  国内会議  口頭(一般) 

    2021年03月
     
     

    【発表要旨集】 The 62nd Annual Meeting of the Japanese Society of Plant Physiologists  391  -  391  2021年03月

  • 有殻アメーバの光合成オルガネラ(クロマトフォア)とシアノバクテリア推定起源種の比較トランスクリプトーム解析

    第61回 日本植物生理学会年会  国内会議  口頭(一般) 

    2020年03月
     
     

  • A hidden third player of endosymbiotic evolution

    DNA virus-mediated genome shuffling in Paulinella micropora. International Society of Endocytobiology   国際会議  口頭(一般) 

    2019年09月
     
     

  • シアノバクテリアとシアノバクテリアに由来する有殻アメーバ色素体のRNA修飾プロファイルの解析

    第41回 日本分子生物学会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年11月
     
     

  • 有殻アメーバのゲノム解析から見えてきた一次細胞内共生進化におけるDNA ウイルスの役割

    第2回 日本共生生物学会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年11月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 真核生物の加速度的進化は巨大ウイルスがもたらした-状況証拠から実態解明へ

    研究期間:2020年04月  -  2022年03月