工藤 愛弓 (クドウ アユミ)

KUDO Ayumi

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学  国際食料情報学部  国際農業開発学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農業生命科学研究科  生産・環境生物学専攻  修士課程  修了

  • 東京大学  農業生命科学研究科  生産・環境生物学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  修士(農学)

  • 東京大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本進化学会
  • 日本生態学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Chromosome mapping of attP landing sites in the strains for phiC31 integrase-mediated transgenesis of Drosophila prolongata (Diptera: Drosophilidae)

    Ayumi Kudo

    Applied Entomology and Zoology56   91 - 98   2021年01月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • 昆虫のオスにおける脚の誇張化とテナガショウジョウバエの闘争

    工藤 愛弓

    日本生態学会誌   2021年

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • Description of karyotype of Sphyracephala detrahens (Diptera, Diopsidae)

    Ayumi Kudo

    COMPARATIVE CYTOGENETICS   2019年12月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • piggyBac- and phiC31 integrase-mediated transgenesis in Drosophila prolongata.

    Ayumi Kudo, Takeshi Awasaki, Yukio Ishikawa, Takashi Matsuo

    Genes & genetic systems   2018年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Comparative analysis of the brain transcriptome in a hyper-aggressive fruit fly, Drosophila prolongata

    Ayumi Kudo, Shuji Shigenobu, Koji Kadota, Masafumi Nozawa, Tomoko F. Shibata, Yukio Ishikawa, Takashi Matsuo

    INSECT BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY   2017年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • オスもメスも闘うヒメシュモクバエ

    日本生態学会 第68回 岡山大会  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 

    2021年03月
     
     

  • テナガショウジョウバエにおける前脚を使った闘争とそのコスト.

    日本生態学会第67回全国大会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2020年03月
     
     

  • テナガショウジョウバエを用いた闘争性の制御に関わる遺伝子の探索.

    第41回日本分子生物学会年会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2018年11月
     
     

  • Unique morph and behavior of Drosophila prolongata.

    The Joint meeting of the 22nd International Congress of Zoology & the 87th meeting of the Zoological Society of Japan.  国際会議  口頭(招待・特別) 

    2016年11月
     
     

  • テナガショウジョウバエの闘争

    日本動物学会第85回大会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2014年09月
     
     

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 逃避行動の個体群間変異を維持する生態学的・遺伝学的メカニズムの解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:2021年04月  -  2025年03月 

  • 先端的な物理手法と未利用の生物機能を駆使した害虫被害ゼロ農業の実現【FS】

    ムーンショット型農林水産研究開発事業

    研究期間:2020年12月  -  2022年03月 

  • 捕食圧と性淘汰圧がヒメシュモクバエの形態・行動・生活史形質に及ぼす影響の検証

    研究期間:2020年09月  -  継続中 

  • 生活史とパーソナリティの共変動性およびその遺伝基盤の解明

    研究期間:2019年04月  -  2020年03月 

  • 性選択が駆動するテナガショウジョウバエの誇張化形質の変化に関する実験進化学的検証

    研究期間:2017年04月  -  2019年03月 

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞 ぶらっとラボ「食べ物も習性も謎 変な生き物シュモクバエ研究するわけ」

    2020年10月