小玉 紗代 (コダマ サヨ)

KODAMA Sayo

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学   環境科学部   卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学   生命環境科学研究科   修士課程  修了 

  • 京都府立大学   生命環境科学研究科   博士課程  修了 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  -  学士(環境科学)

  • 京都府立大学  -  修士(農学)

  • 京都府立大学  -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Genetics Society of America
  • 日本植物病理学会
  • 糸状菌分子生物学研究会
  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 植物保護科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の分泌性アルコール酸化酵素を介した感染制御機構の解明

     科学研究費補助金

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2023年04月  -  2026年03月

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

     科学研究費補助金

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • The disordered C-terminal tail of fungal LPMOs from phytopathogens mediates protein dimerization and impacts plant penetration 国際共著

    Ketty C. Tamburrini, Sayo Kodama, Sacha Grisel, Mireille Haon, Takumi Nishiuchi, Bastien Bissaro, Yasuyuki Kubo, Sonia Longhi, Jean-Guy Berrin

    Proceedings of the National Academy of Sciences   2024年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Plant surface signal sensing and infection-related morphogenesis of Colletotrichum orbiculare

    Sayo Kodama, Bastien Bissaro, Jean-Guy Berrin, Yasuyuki Kubo

    Physiological and Molecular Plant Pathology124   2023年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Tandem metalloenzymes gate plant cell entry by pathogenic fungi

    Bastien Bissaro, Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Anna Maria Díaz-Rovira, Hayat Hage, David Ribeaucourt, Mireille Haon, Sacha Grisel, A. Jalila Simaan, Fred Beisson, Stephanie M. Forget, Harry Brumer, Marie-Noëlle Rosso, Victor Guallar, Richard O’Connell, Mickaël Lafond, Yasuyuki Kubo, Jean-Guy Berrin

    Science Advances8 ( 51 )   2022年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Niemann-Pick Type C Proteins Are Required for Sterol Transport and Appressorium-Mediated Plant Penetration of Colletotrichum orbiculare

    Sayo Kodama, Naoki Kajikawa, Fumi Fukada, Yasuyuki Kubo

    mBio13   2022年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Lipid droplets in the pheromone glands of bombycids: Effects of larval diet on their size and pheromone titer

    Takeshi Fujii, Sayo Kodama, Yukio Ishikawa, Masanobu Yamamoto,Takeshi Sakurai, Adrien Fónagy

    Journal of Insect Physiology142   2022年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 植物病を引き起こす炭疽病菌の感染メカニズム ー酸化酵素ペアによる長鎖アルデヒドの生成が遺伝子発現を誘導 国際共著

    小玉紗代, Bastien Bissaro, Jean-Guy Berrin, 久保康之

    化学 ( 株式会社化学同人 )  78 ( 6 ) 12 - 16  2023年05月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  共著

    担当区分: 責任著者 

  • 植物病原菌の植物表層認識と感染器官の形成

    小玉 紗代, 久保 康之

    アグリバイオ ( 北隆館 )  第6 ( 第2 ) 66 - 69  2022年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    全文

  • Development of infection strategy of hemibiotrophic plant pathogen, Colletotrichum orbiculare, and plant immunity.

    Yasuyuki Kubo, Ken Harata, Sayo Kodama, Fumi Fukada

    Physiological Molecular Plant Pathology ( Elsevier BV )  95   32 - 36  2016年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    DOI

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ウリ類炭疽病菌の付着器侵入における核-液胞接触部位の機能解析

    令和6年度日本植物病理学会大会  仙台国際センター  日本国  国内会議  口頭発表(一般) 

    2023年03月
     
     

    発表年月日:2023年03月14日

  • ヒトNiemann-Pick病C型治療薬Miglustatはウリ類炭疽病菌のnpc変異株の病原性欠損を回復させる

    令和6年度日本植物病理学会大会  仙台国際センター  日本国  国内会議  口頭発表(一般) 

    2023年03月
     
     

    発表年月日:2023年03月14日

  • Niemann-Pick type C proteins of Colletotrichum orbiculare: sterol transport and appressorium -mediated plant infection

    16th European Conference on Fungal Genetics  Innsbruck, AUSTRIA  国際会議  ポスター発表 

    2023年03月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌の細胞内ステロール輸送機構は膜湾曲と付着器侵入に必要である

    第21回 糸状菌分子生物学コンファレンス  国内会議  ポスター発表 

    2022年11月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌のキナーゼ遺伝子PPK1は植物表層成分認識を介した付着器形成に関与する

    令和4年度日本植物病理学会大会  札幌コンベンションセンター(オンライン)  国内会議  口頭発表(一般) 

    2022年03月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の分泌性アルコール酸化酵素を介した感染制御機構の解明

    2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  若手研究 

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

    2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  若手研究 

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示