小玉 紗代 (コダマ サヨ)

KODAMA Sayo

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学   環境科学部   卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学   生命環境科学研究科   修士課程  修了 

  • 京都府立大学   生命環境科学研究科   博士課程  修了 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  -  学士(環境科学)

  • 京都府立大学  -  修士(農学)

  • 京都府立大学  -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Genetics Society of America
  • 日本植物病理学会
  • 糸状菌分子生物学研究会
  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 植物保護科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の分泌性アルコール酸化酵素を介した感染制御機構の解明

     科学研究費補助金

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2023年04月  -  2026年03月

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

     科学研究費補助金

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Plant surface signal sensing and infection-related morphogenesis of Colletotrichum orbiculare

    Sayo Kodama, Bastien Bissaro, Jean-Guy Berrin, Yasuyuki Kubo

    Physiological and Molecular Plant Pathology124   2023年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Tandem metalloenzymes gate plant cell entry by pathogenic fungi

    Bastien Bissaro, Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Anna Maria Díaz-Rovira, Hayat Hage, David Ribeaucourt, Mireille Haon, Sacha Grisel, A. Jalila Simaan, Fred Beisson, Stephanie M. Forget, Harry Brumer, Marie-Noëlle Rosso, Victor Guallar, Richard O’Connell, Mickaël Lafond, Yasuyuki Kubo, Jean-Guy Berrin

    Science Advances8 ( 51 )   2022年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Niemann-Pick Type C Proteins Are Required for Sterol Transport and Appressorium-Mediated Plant Penetration of Colletotrichum orbiculare

    Sayo Kodama, Naoki Kajikawa, Fumi Fukada, Yasuyuki Kubo

    mBio13   2022年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Lipid droplets in the pheromone glands of bombycids: Effects of larval diet on their size and pheromone titer

    Takeshi Fujii, Sayo Kodama, Yukio Ishikawa, Masanobu Yamamoto,Takeshi Sakurai, Adrien Fónagy

    Journal of Insect Physiology142   2022年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Plant pathogenic fungi Colletotrichum and Magnaporthe share a common G1 phase monitoring strategy for proper appressorium development.

    Fumi Fukada, Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Naoki Kajikawa, Yasuyuki Kubo

    New Phytologist222 ( 4 ) 1909 - 1923   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 植物病原菌の植物表層認識と感染器官の形成

    小玉 紗代, 久保 康之

    アグリバイオ ( 北隆館 )  第6 ( 第2 ) 66 - 69  2022年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    全文

  • Development of infection strategy of hemibiotrophic plant pathogen, Colletotrichum orbiculare, and plant immunity.

    Yasuyuki Kubo, Ken Harata, Sayo Kodama, Fumi Fukada

    Physiological Molecular Plant Pathology ( Elsevier BV )  95   32 - 36  2016年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    DOI

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Niemann-Pick type C proteins of Colletotrichum orbiculare: sterol transport and appressorium -mediated plant infection

    16th European Conference on Fungal Genetics  Innsbruck, AUSTRIA  国際会議  ポスター発表 

    2023年03月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌の細胞内ステロール輸送機構は膜湾曲と付着器侵入に必要である

    第21回 糸状菌分子生物学コンファレンス  国内会議  ポスター発表 

    2022年11月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌のキナーゼ遺伝子PPK1は植物表層成分認識を介した付着器形成に関与する

    令和4年度日本植物病理学会大会  札幌コンベンションセンター(オンライン)  国内会議  口頭発表(一般) 

    2022年03月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌のメラニン合成ポリケチド合成酵素Pks1は付着器形成時に凝集体を形成する

    令和4年度日本植物病理学会大会  札幌コンベンションセンター(オンライン)  国内会議  口頭発表(一般) 

    2022年03月
     
     

  • カイコガ上科のフェロモン腺中にみられる油滴とフェロモン量の 関係

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  川崎市多摩区明治大学(オンライン)  国内会議  口頭発表(一般) 

    2022年03月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の分泌性アルコール酸化酵素を介した感染制御機構の解明

    2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  若手研究 

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

    2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  若手研究 

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示