小玉 紗代 (コダマ サヨ)

KODAMA Sayo

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学  環境科学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都府立大学  生命環境科学研究科  修士課程  修了

  • 京都府立大学  生命環境科学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県立大学 -  学士(環境科学)

  • 京都府立大学 -  修士(農学)

  • 京都府立大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • Genetics Society of America
  • 日本植物病理学会
  • 糸状菌分子生物学研究会
  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物病理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

    科学研究費補助金 

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Plant pathogenic fungi Colletotrichum and Magnaporthe share a common G1 phase monitoring strategy for proper appressorium development.

    Fumi Fukada, Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Naoki Kajikawa, Yasuyuki Kubo

    New Phytologist   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Colletotrichum orbiculare MTF4 is a key transcription factor downstream of MOR essential for plant signal-dependent appressorium development and pathogenesis.

    Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Yasuyuki Kubo

    Molecular Plant-Microbe Interactions   2018年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Colletotrichum orbiculare MTF4 is a key transcription factor downstream of MOR essential for plant signal-dependent appressorium development and pathogenesis.

    Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Yasuyuki Kubo

    Molecular Plant-Microbe Interactions   2018年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Studies on plant surface signal perception and infection-related morphogenesis of plant pathogenic fungus Colletotrichum orbiculare.

    小玉紗代

    京都府立大学大学院博士学位論文   2018年03月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • The morphogenesis-related NDR kinase pathway of Colletotrichum orbiculare is required for translating plant surface signals into infection-related morphogenesis and pathogenesis.

    Sayo Kodama, Junya Ishizuka, Ito Miyashita, Takaaki Ishii, Takumi Nishiuchi, Hideto Miyoshi, Yasuyuki Kubo

    PLoS Pathogens   2017年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Development of infection strategy of hemibiotrophic plant pathogen, Colletotrichum orbiculare, and plant immunity.

    Yasuyuki Kubo, Ken Harata, Sayo Kodama, Fumi Fukada

    Physiological Molecular Plant Pathology    2016年07月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ウリ類炭疽病菌のhead-to-head 隣接型アルコールオキシダーゼAA5_2およびペルオキシダーゼAA2遺伝子の病原性への寄与

    令和2年度 日本植物病理学会大会  国内会議  口頭(一般) 

    2020年03月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌の植物シグナル認識と感染器官の形態形成

    第93回 日本細菌学会総会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2020年02月
     
     

  • Investigating the role of a fungal oxidase- peroxidase tandem in plant pathogenicity.

    15th European Conference on Fungal Genetics, Colletotrichum Workshop  国際会議  口頭(一般) 

    2020年02月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌のII型ホスファチジン酸ホスファターゼCoPAP2は細胞壁ストレス応答および病原性に関与する

    第19回 糸状菌分子生物学コンファレンス  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年11月
     
     

  • The virulence factors CoNpc1 and CoNpc2 are required for intracellular sterol transport and appressorial penetration of Colletotrichum orbiculare.

    Asian Mycological Congress 2019  国際会議  ポスター(一般) 

    2019年10月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 植物病原糸状菌の細胞壁糖鎖修飾を介したストレス応答の解析

    日本学術振興会  若手研究

    研究期間:2020年04月  -  2023年03月