藤井 毅 (フジイ タケシ)

Fujii Takeshi

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  工学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  生物システム応用科学府  修士課程  修了

  • 東京農工大学  生物システム応用科学府  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学 -  学士(工学)

  • 東京農工大学 -  修士(農学)

  • 東京農工大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会
  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本昆虫科学連合
  • 日本蚕糸学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 応用昆虫学

  • 昆虫生理・生化学

  • 化学生態学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pheromonal activities of the bombykol isomer, (10E,12E)-10,12-hexadecadien-1-ol, in the pheromone gland of the silkmoth Bombyx mori.

    Takeshi Fujii∗, Takeshi Sakurai., Hidefumi Mitsuno., Shigeru Matsuyama., Yusuke Shiota., Katsuhiko Ito., Takeshi Yokoyama., Takaaki Nishioka., Susumu Katsuma., Ryohei Kanzaki., Yukio Ishikawa

    Journal of Insect Physiology   2020年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional characterization of the epoxidase gene, Li_epo1 (CYP341B14), involved in generation of epoxyalkene pheromones in the mulberry tiger moth Lemyra imparilis.

    Yu Rong, Takeshi Fujii∗, Hideshi Naka, Masanobu Yamamoto, Yukio Ishikawa

    Insect Biochemistry and Molecular Biology   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • CYPs in different families are involved in the divergent regio-specific epoxidation of alkenyl sex pheromone precursors in moths

    Yu Rong, Takeshi Fujii, Yukio Ishikawa

    Insect Biochemistry and Molecular Biology   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Effects of mating on host selection by female small white butterflies Pieris rapae (Lepidoptera: Pieridae).

    Yuki Itoh, Yukiko Okumura, Takeshi Fujii, Yukio Ishikawa, Hisashi Ômura

    Journal of Comparative Physiology A   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Expression level of a gene encoding the putative Bombyx mori bidensovirus receptor decreases by virus infection

    Katsuhiko Ito, Takeshi Fujii, Takeshi Yokoyama, Keiko Kadono-Okuda

    Archives of Virology   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Takeshi Fujii, Yu Rong, Yukio Ishikawa  (担当部分:Chapter8 Epoxidase involved in the biosynthesis of Type II sex pheromone)  単行本(学術書)  共著

    Springer Nature  2020年03月

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Yukio Ishikawa, Takeshi Fujii   (担当部分:Chapter7 Molecular bases for the biosynthesis of Species-specific sex pheromones in the Genus Ostrinia)  単行本(学術書)  共著

    Springer nature  2020年03月

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Hideshi Naka, Takeshi Fujii   (担当部分:Chapter 1 Chemical Divergences in the Sex Pheromone Communication Systems in Moths)  単行本(学術書)  分担執筆

    Springer Nature  2020年03月

  • 動物学の百科事典

    藤井 毅  (担当部分:第8章動物の内分泌)  事典・辞書  分担執筆

    丸善  2018年09月

    【原書情報】 化学コミュニケーションの始まりー昆虫の生態情報処理は意外と古い

  • 昆虫科学読本–虫の目で見た驚きの世界–

    編集:神崎亮平、光野秀文、藤井毅、共著者:二橋亮、弘中満太郎、藤井毅、田中誠二、中田謙介、森直樹、吉永直子、本田計一 ほか14名  単行本(学術書)  共著

    東海大学出版  2015年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 脂質成分の利用と代謝で見る昆虫の生存戦略

    藤井 毅 永田 晋治

    蚕糸・昆虫バイオテック    2019年

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 脂肪酸に由来するフェロモンの生合成と受容機構

    清水 伸泰, 藤井 毅, 戎 煜, 石川 幸男, 櫻井 健志, 光野 秀文

    化学と生物    2019年

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • ガ類種の多様性と性フェロモン分子の変遷

    藤井 毅、中 秀司

    昆虫と自然    2018年12月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 交尾により母となったモンシロチョウの行動変化

    藤井 毅、大村 尚

    アグリバイオ    2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • ガの性フェロモンの二つの形 Dimorphism in molecular of moth sex pheromone

    藤井毅

    アグリバイオ    2017年07月

    総説・解説(学術雑誌)  単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ここまでわかったガ類性フェロモンの生合成メカニズム

    ここまでわかったガ類性フェロモンの生合成メカニズム  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2020年11月
     
     

  • ガ類の炭化水素型性フェロモン生合成器官

    第88回 日本蚕糸学会 次世代を担う若手研究者が語る昆虫科学最前線  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2018年03月
     
     

  • ガ類の炭化水素型性フェロモン生合成器官

    ガ類の炭化水素型性フェロモン生合成器官  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2018年03月
     
     

  • ガの幼虫が摂取した必須脂肪酸がフェロモン成分比に与える影響の一例

    第62回日本応用動物昆虫学会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • ガの性フェロモン分子、その生合成と多様性を考える-Deep reading the sex pheromone molecule of moth, its variety and biosynthesis-

    鱗翅目Type IIフェロモンに関するセミナー  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2017年11月
     
     

全件表示 >>