藤井 毅 (フジイ タケシ)

Fujii Takeshi

写真a

職名

講師

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  工学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  生物システム応用科学府  修士課程  修了

  • 東京農工大学  生物システム応用科学府  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学 -  学士(工学)

  • 東京農工大学 -  修士(農学)

  • 東京農工大学 -  博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会
  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本昆虫科学連合
  • 日本蚕糸学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 応用昆虫学

  • 昆虫生理・生化学

  • 化学生態学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Pheromonal activities of the bombykol isomer, (10E,12E)-10,12-hexadecadien-1-ol, in the pheromone gland of the silkmoth Bombyx mori.

    Takeshi Fujii∗, Takeshi Sakurai., Hidefumi Mitsuno., Shigeru Matsuyama., Yusuke Shiota., Katsuhiko Ito., Takeshi Yokoyama., Takaaki Nishioka., Susumu Katsuma., Ryohei Kanzaki., Yukio Ishikawa

    Journal of Insect Physiology   2020年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • CYPs in different families are involved in the divergent regio-specific epoxidation of alkenyl sex pheromone precursors in moths

    Yu Rong, Takeshi Fujii, Yukio Ishikawa

    Insect Biochemistry and Molecular Biology   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Functional characterization of the epoxidase gene, Li_epo1 (CYP341B14), involved in generation of epoxyalkene pheromones in the mulberry tiger moth Lemyra imparilis.

    Yu Rong, Takeshi Fujii∗, Hideshi Naka, Masanobu Yamamoto, Yukio Ishikawa

    Insect Biochemistry and Molecular Biology   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Expression level of a gene encoding the putative Bombyx mori bidensovirus receptor decreases by virus infection

    Katsuhiko Ito, Takeshi Fujii, Takeshi Yokoyama, Keiko Kadono-Okuda

    Archives of Virology   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • In vivo functional characterisation of pheromone binding protein-1 in the silkmoth, Bombyx mori

    Yusuke Shiota, Takeshi Sakurai, Takaaki Daimon, Hidefumi Mitsuno, Takeshi Fujii, Shigeru Matsuyama, Hideki Sezutsu, Yukio Ishikawa, and Ryohei Kanzaki

    Scientific Reports   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Takeshi Fujii, Yu Rong, Yukio Ishikawa  (担当部分:Chapter8 Epoxidase involved in the biosynthesis of Type II sex pheromone)  単行本(学術書)  共著

    Springer Nature  2020年03月

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Yukio Ishikawa, Takeshi Fujii   (担当部分:Chapter7 Molecular bases for the biosynthesis of Species-specific sex pheromones in the Genus Ostrinia)  単行本(学術書)  共著

    Springer nature  2020年03月

  • Insect Sex Pheromone Research and Beyond -From molecules to Robots-

    Hideshi Naka, Takeshi Fujii   (担当部分:Chapter 1 Chemical Divergences in the Sex Pheromone Communication Systems in Moths)  単行本(学術書)  分担執筆

    Springer Nature  2020年03月

  • 動物学の百科事典

    藤井 毅  (担当部分:第8章動物の内分泌)  事典・辞書  分担執筆

    丸善  2018年09月

    【原書情報】 化学コミュニケーションの始まりー昆虫の生態情報処理は意外と古い

  • 昆虫科学読本–虫の目で見た驚きの世界–

    編集:神崎亮平、光野秀文、藤井毅、共著者:二橋亮、弘中満太郎、藤井毅、田中誠二、中田謙介、森直樹、吉永直子、本田計一 ほか14名  単行本(学術書)  共著

    東海大学出版  2015年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 脂質成分の利用と代謝で見る昆虫の生存戦略

    藤井 毅 永田 晋治

    蚕糸・昆虫バイオテック    2019年

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 脂肪酸に由来するフェロモンの生合成と受容機構

    清水 伸泰, 藤井 毅, 戎 煜, 石川 幸男, 櫻井 健志, 光野 秀文

    化学と生物    2019年

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • ガ類種の多様性と性フェロモン分子の変遷

    藤井 毅、中 秀司

    昆虫と自然    2018年12月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 交尾により母となったモンシロチョウの行動変化

    藤井 毅、大村 尚

    アグリバイオ    2018年06月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • ガの性フェロモンの二つの形 Dimorphism in molecular of moth sex pheromone

    藤井毅

    アグリバイオ    2017年07月

    総説・解説(学術雑誌)  単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マメ科植物の糖酸化合物に対するキタキチョウの産卵反応

    日本応用動物昆虫学会  国内会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

  • 鱗翅目雌性フェロモンの進化: 系譜の「穴」を埋めていく

    日本応用動物昆虫学会  国際会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

  • カイコガ上科のフェロモン腺中にみられる油滴とフェロモン量の 関係

    日本応用動物昆虫学会  国内会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

  • アワノメイガ類におけるボルバキア感染の進化史の解明

    日本蚕糸学会92回大会  国内会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

  • ここまでわかったガ類性フェロモンの生合成メカニズム

    ここまでわかったガ類性フェロモンの生合成メカニズム  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2020年11月
     
     

全件表示 >>