久保 康之 (クボ ヤスユキ)

KUBO Yasuyuki

写真a

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  修士課程  修了

  • 京都大学  農学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  農学学士

  • 京都大学 -  農学修士

  • 京都大学 -  農学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会
  • 日本農薬学会
  • 日本分子生物学会
  • アジア植物病理学会
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Plant pathogenic fungi Colletotrichum and Magnaporthe share a common G1 phase monitoring strategy for proper appressorium development.

    Fumi Fukada, Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Naoki Kajikawa, Yasuyuki Kubo

    New Phytologist   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Colletotrichum orbiculare MTF4 is a key transcription factor downstream of MOR essential for plant signal-dependent appressorium development and pathogenesis.

    Sayo Kodama, Takumi Nishiuchi, Yasuyuki Kubo

    Molecular Plant-Microbe Interactions   2018年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Infection structure development and pathogenesis of Colletotrichum orbiculare.

    Yasuyuki Kubo

    Journal of General Plant Pathology   2018年06月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • Infection structure development and pathogenesis of Colletotrichum orbiculare.

    久保康之

    Journal of General Plant Pathology   2018年06月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • he morphogenesis-related NDR kinase pathway of Colletotrichum orbiculare is required for translating plant surface signals into infection-related morphogenesis and pathogenesis.

    Sayo Kodama, Junya Ishizuka, Ito Miyashita, Takaaki Ishii, Takumi Nishiuchi, Hideto Miyoshi, Yasuyuki Kubo

    PLOS Pathogens   2017年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 植物たちの戦争 病原体との5億年サバイバルレース

    久保康之  単行本(学術書)  共著

    講談社ブルーバックス  2019年03月

  • 植物たちの戦争 病原体との5億年サバイバルレース

    Yasuyuki Kubo ほか  単行本(学術書)  共著

    講談社ブルーバックス  2019年03月

  • “Peroxisomes and Signaling” Subcellular Biochemistry XII

    久保康之  単行本(学術書)  単著

    Springer  2013年

  • Morphogenesis and Pathogenicity in Fungi: Topics in Current Genetics, Vol. 22

    Yasuyuki Kubo ほか  単行本(学術書)  共著

    Springer  2012年02月

  • Morphogenesis and Pathogenicity in Fungi: Topics in Current Genetics, Vol. 22

    久保康之  単行本(学術書)  単著

    Springer  2012年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「新設」摂南大学農学部の紹介

    久保康之

    生物工学   98 ( 10 ) 563 - 564  2020年10月

    総説・解説(学術雑誌)  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ウリ類炭疽病菌のLipid Phosphate Phosphatase遺伝子CoPAP2の機能解析

    第18回糸状菌分子生物学コンファレンス  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年11月
     
     

  • ウリ類炭疽病菌の病原性因子CoNpc2は細胞内ステロール輸送と付着器貫穿に関与する

    第18回糸状菌分子生物学コンファレンス  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年11月
     
     

  • Identification and characterization of a novel pathogenicity gene of Colletotrichum orbiculare CoNPC2, an ortholog of sterol transporter Saccharomyces cerevisiae NPC2.

    11th International Mycological Congress  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年07月
    -
    2018年08月

  • The Colletotrichum orbiculare MTF4 is a transcription factor downstream of MOR required for plant-derived signal dependent appressorium development.

    International Congress of Plant Pathology 2018  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年07月
    -
    2018年08月

  • ウリ類炭疽病菌の感染器官の形態形成と病原性

    糸状菌遺伝子研究会  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2018年06月
     
     

全件表示 >>