向井 歩 (ムカイ アユム)

MUKAI Ayumu

写真a

職名

助教

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  農学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  理学研究科  修士課程  修了

  • 大阪市立大学  理学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  理学

  • 大阪市立大学 -  理学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本応用動物昆虫学会
  • 日本昆虫学会
  • 日本時間生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 動物生理・行動

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Juvenile hormone as a causal factor for maternal regulation of diapause in a wasp

    Ayumu Mukai, Genyu Mano, Lauren Des Marteaux, Tetsuro Shinada, Shin G. Goto

    Insect Biochemistry and Molecular Biology114 ( 103758 )   2022年03月

    共著

    研究のデザイン,データの収集,統計解析,原稿の執筆.

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Urban warming and artificial light alter dormancy in the flesh fly

    向井歩,山口幸紀,後藤慎介

    Royal Society Open Science8 ( 7 ) 210866   2021年07月

    共著

    実験のデザイン,データの収集,統計解析,原稿の執筆.

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Cell cycle arrest in the jewel wasp Nasonia vitripennis in larval diapause

    Yuta Shimizu, Ayumu Mukai, Shin G. Goto

    Journal of Insect Physiology   2018年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • The clock gene period is essential for the photoperiodic response in the jewel wasp Nasonia vitripennis (Hymenoptera: Pteromalidae)

    Ayumu Mukai, Shin G. Goto

    Applied Entomology and Zoology   2016年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物工学会誌 第99巻 第2号

    向井 歩  (担当部分:全文の執筆)  単行本(学術書)  単著

    公益社団法人 日本生物工学会  2021年02月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 都市の夜は明るいか—ナミニクバエの場合

    向井歩,多賀谷純,後藤慎介,沼田英治

    比較生理生化学 ( 日本比較生理生化学会 )  39 ( 1 ) 53 - 58  2022年04月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

    原稿の一部を執筆,実験データ,写真の提供

  • 寄生蜂の季節適応メカニズム

    向井 歩

    昆虫と自然 ( ニューサイエンス社 )  56 ( 11 ) 30 - 34  2021年10月

    総説・解説(学術雑誌)  単著

    全文の執筆

  • 生物材料インデックス:研究室の片隅で生き物への愛を語る 寄生バチとともに挑む、季節適応の謎

    向井 歩

    生物工学会誌 ( 公益社団法人 日本生物工学会 )  98 ( 2 ) 96 - 99  2020年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  単著

    全文の執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The role of juvenile hormone in the photoperiodic response in the jewel wasp, Nasonia vitripennis

    International Congress of Entomology  Helsinki, Finland  国際会議  ポスター(一般) 

    2022年07月
     
     

  • 都市の「夜の明るさ」が生態系に及ぼす影響

    光害シンポジウム2022  長野県 塩尻市北部交流センター えんてらす  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2022年06月
     
     

  • キョウソヤドリコバチの母性休眠誘導を制御する幼若ホルモン

    第66回日本応用動物昆虫学会大会  明治大学生田キャンパス  国内会議  口頭(一般) 

    2022年03月
     
     

    【発表要旨集】 第66回日本応用動物昆虫学会大会講演要旨集  35  -  35  2022年

  • 昆虫を用いた古典的条件付け教育実験の開発と高大連携授業の実践

    一般社団法人 日本生物教育学会第106回全国大会(オンライン)  オンライン大会  国内会議  口頭(一般) 

    2022年01月
     
     

    【発表要旨集】 日本生物教育学会第106回全国大会(SBSEJ106)研究発表要旨  7  -  7  2022年01月

  • 都市温暖化と人工照明がナミニクバエの休眠誘導に及ぼす影響

    日本昆虫学会第81回大会  法政大学市ヶ谷キャンパス  国内会議  口頭(一般) 

    2021年09月
     
     

    【発表要旨集】 日本昆虫学会第81回大会要旨集  73  -  73  2021年

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • ハエの冬眠

    2021年10月
     
     

    都市におけるハエの冬眠について,電話取材にて解説.
    なぜ冬眠するのか,どこで冬眠するのか,都市で冬眠が乱れているとはどういうことなのか,さらには生態系と共存した人間社会の在り方について約10分間で解説.