宮崎 裕明 (ミヤザキ ヒロアキ)

MIYAZAKI Hiroaki

写真a

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学  文理学部(理科系)  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学研究科  修士課程  修了

  • 東京大学  理学研究科  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  修士(理学)

  • 東京大学 -  博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会
  • 日本生理学会
  • 日本膜学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生理学一般

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

  • 動物生理・行動

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The molecular mechanism of intracellular Cl- in tumor cell migration and invasion by regulating matrix metalloproteinases (MMPs)

    音成流石,佐藤潤一,宮崎裕明

    the Journal of Physiological Sciences71   199 - 199   2021年08月

    共著

    研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • The molecular mechanism of intracellular Cl- in tumor progression by regulating JAK-STAT signaling pathways.

    Hiroaki Miyazaki

    The Journal of Physiological Sciences70 ( Suppl 1 ) S138 - S138   2020年03月

    単著

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Quercetin is a useful medicinal compound showing various actions including control of blood pressure, neurite elongation and epithelial ion transport

    Marunaka, Y., Niisato, N., Miyazaki, H., Nakajima, K., Taruno, A., Sun, H., Marunaka, R., Okui, M., Yamamoto, T., Kanamura, N., Kogiso, H., Ikeuchi, Y., Kashio, M., Hosogi, S., Nakahari, T.

    Current Medicinal Chemistry25 ( 37 ) 4876 - 4887   2018年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • CALHM3 Is Essential for Rapid Ion Channel-Mediated Purinergic Neurotransmission of GPCR-Mediated Tastes

    Ma, Z, Taruno, A, Ohmoto M, Jyotaki, M, Lim, JC, Miyazaki, H, Niisato, N, Marunaka, Y, Lee, RJ, Hoff, H, Payne, R, Demuro, A, Parker, I, Mitchell, CH, Henao-Mejia, J, Tanis, JE, Matsumoto, I, Tordoff, MG, Foskett, JK.

    Neuron   2018年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Cytosolic Cl- affects the anticancer activity of paclitaxel in the gastric cancer cell line, MKN28 cell

    Tanaka, S, Miyazaki, H, Shiozaki, A, Ichikawa, D, Otsuji, E, Marunaka, Y

    Cellular Physiology and Biochemistry   2017年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • からだと水の事典

    松井孝典、佐々木成、井上華、岡田泰伸、桑原道雄、河原克雅、宮崎裕明 他51名  単行本(学術書)  共著

    朝倉書店  2008年11月

  • 水とアクアポリンの生物学

    横山裕子、杉富行、池之谷英希、油井直史、佐々木成、江渡加代子、太田哲人、田島真人、光岡薫、宮崎裕明 他23名  単行本(学術書)  共著

    中山書店  2008年04月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 細胞内Cl-濃度の低下はヒト前立腺癌細胞株DU145のERKシグナルカスケードの活性化を介して遊走と浸潤を亢進する

    第99回日本生理学会大会  東北大学  国内会議  ポスター(一般) 

    2022年03月
     
     

  • 細胞内Cl-濃度変化が乳腺癌細胞MDA-MB231のアポトーシスシグナル伝達経路に与える影響

    第99回日本生理学会大会  東北大学  国内会議  ポスター(一般) 

    2022年03月
     
     

  • 細胞内Cl-による前立腺癌細胞株DU145の転移能亢進メカニズムの解析

    第44回日本分子生物学会年会  パシフィコ横浜  国内会議  ポスター(一般) 

    2021年12月
     
     

  • 「細胞機能の名脇役」Cl-の生理機能をターゲットとした癌の増殖・転移予防法の開発

    イノベーションジャパン2022  オンライン開催  国内会議  口頭(一般) 

    2021年08月
    -
    2021年09月

  • 食道癌由来TE-5細胞における細胞内Cl-によるMMP発現制御を介した遊走・浸潤制御メカニズムの解明

    第98回日本生理学会大会  国内会議  ポスター(一般) 

    2021年03月
     
     

全件表示 >>