松田 将也 (マツダ マサヤ)

MATSUDA Masaya

写真a

職名

講師

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~p-yakko/index.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学   薬学部   卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学   薬学研究科   博士課程  修了 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  -  博士(薬学)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 薬効薬理学  (薬効薬理学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Involvement of Janus kinase-dependent Bcl-xL overexpression in steroid resistance of group 2 innate lymphoid cells in asthma

    Hayato Shimora, Masaya Matsuda, Yukiko Nakayama, Hiroto Maeyama, Ryunosuke Tanioka, Yoshiyuki Tanaka, Kazuyuki Kitatani, Takeshi Nabe

    Immunology   1 - 16   2024年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    担当区分: 筆頭著者 

    DOI

  • Involvement of CCR5 on interstitial macrophages in the development of lung fibrosis in severe asthma

    Masaya Matsuda, Hayato Shimora, Yukino Nagatani, Keitaro Nishikawa, Itomi Takamori, Tenta Haguchi, Kazuyuki Kitatani, Osamu Kaminuma, Takeshi Nabe

    International Immunopharmacology135 ( 30 ) 112331   2024年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    担当区分: 筆頭著者 

    DOI

  • Pronecroptotic therapy using ceramide nanoliposomes is effective for triple-negative breast cancer cells 国際共著

    Yuki Ohya, Yuri Ogiso, Masaya Matsuda, Harumi Sakae, Kentaro Nishida, Yasuhiro Miki, Todd E. Fox, Mark Kester, Wataru Sakamoto, Takeshi Nabe, Kazuyuki Kitatani

    Cells13   405   2024年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Steroid-insensitive gene expression of extracellular matrix components and pro-fibrotic factors in the lung associated with airway hyperresponsiveness in murine asthma

    Hayato Shimora, Masaya Matsuda, Naoki Takemoto, Miku Nomura, Junpei Hamaguchi, Ryogo Terakawa, Kazuyuki Kitatani, Takeshi Nabe

    Biological and Pharmaceutical Bulltein47 ( 1 ) 227 - 231   2024年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    担当区分: 筆頭著者 

  • JPH203, a LAT1 inhibitor, alleviates steroid-resistant murine airway inflammation mediated by Th17 cells

    Keitaro Hayashi, Mayumi Saeki, Kento Miura, Norimasa Yamasaki, Masaya Matsuda, Hayato Shimora, Takeshi Nabe, Yasuo Shimizu, Tomoe Fujita, Hitoshi Endou, Osamu Kaminuma

    Allergy78 ( 10 ) 2780 - 2783   2023年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ドパミン-DRD4シグナルを標的とした新規喘息治療の可能性

    松田将也

    ファルマシア   59 ( 12 ) 1125 - 1125  2023年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  単著

    担当区分: 責任著者  責任著者

  • Roles of type 1 regulatory T (Tr1) cells in allergen-specific immunotherapy

    Masaya Matsuda, Tetsuya Terada, Kazuyuki Kitatani, Ryo Kawata, Takeshi Nabe

    Frontiers in Allergy    2022年08月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    DOI

  • 眼免疫の特殊性に着目した抗炎症戦略

    奈邉 健, 松田将也

    薬学雑誌   141 ( 12 ) 1327 - 1332  2021年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    DOI

  • 舌下免疫療法の効果発現における制御性T 細胞の役割

    松田将也,寺田哲也,北谷和之,河田 了,奈邉 健

    日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー感染症学会誌   1 ( 1 ) 21 - 26  2021年08月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

    DOI

  • Regulation of necroptosis by phospholipids and sphingolipids

    Xuewei Zhang, Masaya Matsuda, Nobuo Yaegashi, Takeshi Nabe, Kazuyuki Kitatani

    Cells   9 ( 3 ) 627  2020年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ステロイド抵抗性重症喘息における2型自然リンパ球の病的変化とその治療標的

    第97回日本薬理学会年会  日本国  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2023年12月
     
     

    発表年月日:2023年12月14日

  • アレルゲン免疫療法による2型自然リンパ球の制御機構

    第97回日本薬理学会年会  日本国  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2023年12月
     
     

    発表年月日:2023年12月16日

  • 喘息マウス肺における2型自然リンパ球増殖に対する皮下免疫療法の抑制機序

    第72回日本アレルギー学会学術大会   日本国  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 

    2023年10月
     
     

  • 2型自然リンパ球 (ILC2) のステロイド抵抗性獲得に及ぼすBcl-xL阻害薬の影響

    第145回日本薬理学会近畿部会  日本国  国内会議  口頭発表(一般) 

    2024年07月
     
     

  • 線維化誘導性2型自然リンパ球の増殖に対するcyclin-dependent kinase (CDK) 4/6 阻害薬の影響

    第145回日本薬理学会近畿部会  日本国  国内会議  口頭発表(一般) 

    2024年07月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第90回日本薬理学会年会 年会優秀発表賞

    日本薬理学会  国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アレルゲン特異的免疫療法の効果発現における細胞外小胞の役割解明

    2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C) 

  • デザイナー細胞外小胞を用いた食物アレルギーの予防・治療法の創出

    2023年04月 - 2024年03月

    公益財団法人ニッポンハム食の未来財団  2023年度 (B)個人研究助成 

  • アレルギー疾患の根治を指向したTr1細胞誘導性エクソソームの創出

    2021年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究 

  • Asthma-COPD overlapに対するtype 1 regulatory T 細胞由来エキソソームの消炎作用の解明

    2020年11月 - 2022年03月

    グラクソ・スミスクライン株式会社   2020年度 GSKジャパン研究助成 

  • アレルゲン免疫療法において増加するIgG1による制御性T細胞誘導機序の解明

    2019年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 鳥居薬品株式会社第4回社内勉強会 講師

    2023年12月