荒木 良太 (アラキ リョウタ)

ARAKI Ryouta

写真a

職名

助教

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  薬学部  総合薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  薬学研究科  応用医療薬科学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 北米神経科学学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 応用薬理学 (精神疾患、環境因子、エピジェネティクス、セロトニン、グルタミン酸、GABA)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 環境因子により引き起こされる精神機能異常の分子基盤解析

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:

論文 【 表示 / 非表示

  • Ferulic acid alleviates abnormal behaviors in isolation-reared mice via 5-HT1A receptor partial agonist activity.

    Araki R, Yasubuchi A, Ikegaya M, Hojo C, Tachioka H, Kawai K, Omote M, Kita A, Yabe T.

    Psychopharmacolog   2021年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • 認知症の周辺症状(BPSD)の治療におけるフェルラ酸の有用性に 関する基礎研究

    荒木 良太

    認知症治療研究会会誌7 ( 1 ) 32   2021年02月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Post-weaning folate deficiency induces a depression-like state via neuronal immaturity of the dentate gyrus in mice.

    Nishida S, Araki R, Baba A, Asari S, Tachibana S, Nakajima Y, Iwakumo A, Yabe T.

    J Pharmacol Sci.   2020年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Post-weaning social isolation of mice: A putative animal model of developmental disorders.

    Matsumoto K, Fujiwara H, Araki R, Yabe T.

    J Pharmacol Sci.   2019年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Kami-shoyo-san ameliorates sociability deficits in ovariectomized mice, a putative female model of autism spectrum disorder, via facilitating dopamine D1 and GABAA receptor functions.

    Guo QY, Ebihara K, Fujiwara H, Toume K, Awale S, Araki R, Yabe T, Erbo Dong, Matsumoto K.

    J Ethnopharmacol.   2019年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ストレス負荷による大脳皮質前頭前野セロトニン神経系のセロトニン再取り込みの低下と不安様行動との関連性

    日本薬学会第140年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • フェルラ酸の認知症周辺症状(BPSD)改善作用における5-HT1A受容体の関与

    日本薬学会第140年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • 1H-NMRスペクトルによる加味温胆湯エキスおよび一味抜き製剤エキス成分のメタボリック・プロファイリング

    日本薬学会第140年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • 葉酸欠乏によるうつ様症状のメカニズム解析ー神経成熟異常とエピゲノム異常の関与―

    日本薬学会第140年会  国内会議  口頭(基調) 

    2020年03月
     
     

  • 社会的敗北ストレスは大脳皮質前頭前野におけるセロトニン再取り込みを減少させる

    第93回日本薬理学会年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

全件表示 >>