西村 仁 (ニシムラ ヒトシ)

NISHIMURA Hitoshi

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学 (受精,精子,卵子,配偶子間融合,線虫,マウス)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 線虫における生殖のメカニズムの解析

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2007年

    キーワード:配偶子形成,配偶子間融合,精子活性化,精子,卵子

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification and Synthesis of DDI-6, a Quinolinol Analog Capable of Activating Both Caenorhabditis elegans and Mouse Spermatozoa

    Yukiko Karuo, Riona Shiraki, Ayaka Yoshida, Ryo Tsunokawa, Mayuko Nakahara-Yamada, Atsushi Tarui, Kazuyuki Sato, Kentaro Kawai, Masaaki Omote, Hitoshi Nishimura

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin69 ( 6 ) 557 - 563   2022年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • C. elegans spermatozoa lacking spe-45 are incapable of fusing with the oocyte plasma membrane.

    Jun Takayama, Tatsuya Tajima, Shuichi Onami, Hitoshi Nishimura

    microPublication biology   2021年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Proteinase K is an activator for the male‐dependent spermiogenesis pathway in Caenorhabditis elegans: Its application to pharmacological dissection of spermiogenesis

    Tajima T, Ogawa F, Nakamura S, Hashimoto M, Omote M, Nishimura H

    Genes to Cells24 ( 3 ) 244 - 258   2019年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Spermatogenesis

    Hitoshi Nishimura, Steven W. L'Hernault

    Current Biology27 ( 18 ) R988 - R994   2017年09月

    共著

    論文全般

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Gamete interactions require transmembranous immunoglobulin-like proteins with conserved roles during evolution.

    Hitoshi Nishimura, Steven W. L'Hernault

    Worm5 ( 3 )   2016年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Origin and Evolution of Biodiversity

    Tatsuya Tajima, Hitoshi Nishimura  単行本(学術書)  共著

    Springer  2018年08月

  • 凝固と炎症~新・血栓止血血管学

    西村 仁  (担当部分:接触系・炎症のモジュレータとして機能するポリリン酸)  単行本(学術書)  単著

    金芳堂  2015年09月

  • 動植物の受精学-共通機構と多様性

    西村 仁  (担当部分:線虫の受精)  単行本(学術書)  単著

    化学同人  2014年04月

  • 動植物における有性生殖

    田島 達也  (担当部分:線虫の生殖におけるspe遺伝子の機能的役割)  単行本(学術書)  共著

    スプリンガーオープン  2014年02月

  • New Frontiers in Medical Sciences:Redefining Hyaluronan

    米田雅彦 他6名  単行本(学術書)  共著

    Elsevier Scince B.V.  2000年05月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 線虫をスクリーニングで使用した男性不妊治療薬・検査薬のシード化合物の同定

    日本ケミカルバイオロジー学会 第15回年会  オンライン  国内会議  口頭(一般) 

    2021年06月
     
     

  • The C. elegans spermiogenesis-inducing compound DDI-4 can trigger the acrosome reaction in mouse spermatozoa

    23rd International C. elegans Conference  Online  国際会議  ポスター(一般) 

    2021年06月
     
     

  • 線虫精子を活性化する化合物DDI-4は マウス精子における先体反応を惹起する

    第67回日本生化学会近畿支部例会  オンライン  国内会議  口頭(一般) 

    2021年05月
     
     

  • 化合物DDI-4は線虫およびマウス精子を活性化する

    2021年度日本動物学会近畿支部研究発表会  オンライン  国内会議  口頭(一般) 

    2021年05月
     
     

  • DDI-4は線虫精子とマウス精子を活性化する化合物である

    第43回日本分子生物学会年会  オンライン  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年12月
     
     

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Review Editor

    その他 

    2020年10月
    -
    継続中

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 科学技術教養V1テキスト

    2017年03月
     
     

  • 京都産業大学との研究交流会

    2017年02月
     
     

  • 京都産業大学・国立生育医療研究センターとの研究交流会

    2016年09月
     
     

  • LEAP (Learning of Life Science English with Awesome Progress)

    2016年07月
     
     

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 島根県立益田高校SSH事業関西実習

    2016年10月