樽井 敦 (タルイ アツシ)

TARUI Atsushi

写真a

職名

講師

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学   薬学部   衛生薬学科  卒業 

  • 摂南大学   薬学部   衛生薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学   薬学研究科   薬学専攻  修士課程  修了 

  • 摂南大学   薬学研究科   創薬科学  修士課程  修了 

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  -  薬学士

  • 摂南大学  -  薬学博士

  • 摂南大学  -  修士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • フッ素化学会
  • アメリカ化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  (有機化学)

  • ライフサイエンス / 生物有機化学  (有機フッ素化学)

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  (有機フッ素化学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 有機フッ素化合物の新規合成法の開発とその応用

     ライフサイエンス基礎科学研究

    研究区分:機関内共同研究 

    研究期間:2006年

    キーワード:フッ素,合成,有機化合物

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of 2,2-difluoro-2-arylethylamines as fluorinated analogs of octopamine and noradrenaline

    Atsushi Tarui, Erika Kamata, Koji Ebisu, Yui Kawai, Ryota Araki, Takeshi Yabe, Yukiko Karuo, Kazuyuki Sato, Kentaro Kawai, Masaaki Omote

    Heterocyclic Communications28 ( 1 ) 26 - 34   2022年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • LCP: Simple Representation of Docking Poses for Machine Learning: A Case Study on Xanthine Oxidase Inhibitors

    Kentaro Kawai, Yoshitaka Asanuma, Toshiki Kato, Yukiko Karuo, Atsushi Tarui, Kazuyuki Sato, Masaaki Omote

    Molecular informatics40   2100245   2021年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Importance of the Azole Moiety of Cimetidine Derivatives for the Inhibition of Human Multidrug and Toxin Extrusion Transporter 1 (hMATE1)

    Susumu Shinya, Kentaro Kawai, Atsushi Tarui, Yukiko Karuo, Kazuyuki Sato, Masaya Matsuda, Kazuyuki Kitatani, Naoki Kobayashi, Takeshi Nabe, Masato Otsuka, Masaaki Omote

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin69 ( 9 ) 905 - 912   2021年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Identification and Synthesis of DDI-6, a Quinolinol Analog Capable of Activating Both Caenorhabditis elegans and Mouse Spermatozoa

    Yukiko Karuo, Riona Shiraki, Ayaka Yoshida, Ryo Tsunokawa, Mayuko Nakahara-Yamada, Atsushi Tarui, Kazuyuki Sato, Kentaro Kawai, Masaaki Omote, Hitoshi Nishimura

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin69 ( 6 ) 557 - 563   2021年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Learning Dataset for Identification of Active Molecules: A Case Study of Integrin αIIbβ3 Inhibitors

    Kawai, K. Tarui, A. (他7名)

    Molecular Informatics   202060040   2021年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • フッ素化学入門2015 フッ素化合物の合成法

    田口武夫  (担当部分:2,2-ジフルオロ-2-(2-オキソシクロヒキシル)酢酸エチル)  学術書  共著

    三共出版  2015年03月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 多剤耐性の原因となる細菌MATE型輸送体の選択的阻害剤の研究

    日本薬学会第142年会  国内会議  口頭発表(一般) 

    2022年03月
     
     

  • 機械学習を利用した結合ポーズの分類と予測:XODを対象とした検証

    日本薬学会第142年会  国内会議  ポスター発表 

    2022年03月
     
     

  • 新規インテグリンα4β7阻害剤探索のための機械学習モデル構築

    日本薬学会第142年会  国内会議  ポスター発表 

    2022年03月
     
     

  • 3-ペルフルオロアルキルクマリンの合成とその蛍光特性評価

    日本薬学会第142年会  国際会議  ポスター発表 

    2022年03月
     
     

  • hMATE1構造活性相関解明を目的としたシメチジン誘導体の合成とin vitro評価

    第50回複素環化学討論会  国内会議  口頭発表(一般) 

    2021年10月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会近畿支部奨励賞

    日本薬学会近畿支部  その他 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • フッ素化ペプチドの立体的相互作用を解析するための生化学ツールとなるフッ素化ペプチドの合成

    2016年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費