木村 朋紀 (キムラ トモキ)

KIMURA Tomoki

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~bio/labo/kimura.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  薬学研究科  応用医療薬科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  薬学士

  • 大阪大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本毒性学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学

  • 環境・衛生系薬学

  • 分子生物学 (亜鉛、重金属、遺伝子発現調節)

  • 分子生物学 (毒性学、 放射線生物学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 転写因子MTF-1を介した重金属依存的転写活性化機構の解明

    研究期間:

  • 重金属毒性発現機構および重金属耐性獲得機構の解析

    研究期間:

  • 亜鉛による生体機能維持システムの解析

    研究期間:

  • 転写因子MTF-1を介したストレス防御機構の解析

    研究期間:

  • 重金属(特に亜鉛およびカドミウム)による遺伝子発現調節機構の解析

    研究期間:

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Influence of light–dark cycle on delayed recovery from isoflurane anesthesia induced by hypnotics in mice

    Atsunobu Sugano, Hiroki Murai, Syunpei Horiguchi, Yuma Yoshimoto, Yuki Amano, Tomoki Kimura, Yoshinori Iba

    Journal of Pharmacological Sciences145 ( 4 ) 335 - 339   2021年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • CpG site-specific regulation of metallothionein-1 gene expression

    Shoko Ogushi, Yuya Yoshida, Tsuyoshi Nakanishi, Tomoki Kimura

    International Journal of Molecular Sciences21 ( 17 ) 5946   2020年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Tri-substituted organotin compounds, but not retinoic acid, are potent ligands of complement component 8 γ

    Katsuya Yamamoto, Youhei Hiromori, Daisuke Matsumaru, Yoichiro Ishii, Yuki Takeshita, Iori Tsubakihara, Tomoki Kimura, Hisamitsu Nagase, Tsuyoshi Nakanishi

    The Journal of Toxicological Sciences45 ( 9 ) 581 - 587   2020年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • 発酵工学を基盤とした地域連携の試みと教育への活用

    西矢 芳昭, 居場 嘉教, 木村 朋紀, 船越 英資

    摂南大学地域総合研究所報5   2 - 14   2020年03月

    共著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Cadmium Inhibits All-Trans-Retinoic Acid-Induced Increase of Nitroblue Tetrazolium Reduction Activity and Induces Metallothionein 1G Expression in Human Acute Myelocytic Leukemia HL-60 Cells

    Shoko Ogushi, Shuji Ikemoto, Nobuhiko Miura, Tsuyoshi Nakanishi, Tomoki Kimura

    BPB Reports3 ( 1 ) 34 - 38   2020年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 毒性の科学 分子・細胞から人間集団まで

    木村 朋紀  (担当部分:MTF1とメタロチオネインの役割)  単行本(学術書)  共著

    東京大学出版社  2014年02月

  • 放射化学・放射薬品学 第2版

    五郎丸毅、堀江正信  教科書  共著

    廣川書店  2011年02月

  • Metallothionein IV

    Norio ItohKeiko KasutaniMasako KanekiyoTomoki KimuraNorio MutoKeiichi Tanaka  (担当部分:Synergistic activation of mouse metallothionein-I gene by interleukin-6 and glucocorticoid)  単行本(学術書)  共著

    Birkhauser Vertag  1999年01月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 放射線の健康影響について

     

    環境・衛生部会ホームページ トピックス欄 ( 日本薬学会 )   2009年12月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 胎盤幹細胞モデルを用いたカドミウムの有害影響評価

    日本薬学会第141年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2021年03月
     
     

  • メタロチオネイン遺伝子発現はMRE近傍CpGのメチル化で 大きく抑制される

    メタルバイオサイエンス研究会2020  千葉(online)  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年11月
     
     

  • Re-analysis of public whole genome bisulfite sequencing data to reveal the effect of cadmium on DNA methylation in metallothionein gene

    2020 Fall International Convention of the Pharmaceutical Society of Korea  Korea (Online)  国際会議  口頭(一般) 

    2020年10月
     
     

  • 地域特産物を用いた大学ブランド商品の開発 -企画から販売まで-

    第68回年次大会・工学教育研究講演会  Online  国内会議  口頭(一般) 

    2020年09月
     
     

  • メタロチオネイン1発現制御に関わるCpGサイトの同定

    第47回日本毒性学会学術年会  仙台(Online)  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年06月
    -
    2020年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本毒性学会 ファイザー賞

    一般社団法人日本毒性学会  学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:日本国

  • the Best Review Article prize of the IJMS 2017 Best Paper Award

    MDPI.com  学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:スイス連邦

  • 日本毒性学会 奨励賞

    第39回日本毒性学会学術年会  国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本薬学会環境・衛生部会賞

    フォーラム2009:衛生薬学・環境トキシコロジー  国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • メタロチオネイン研究奨励賞

    メタロチオネイン研究会  その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

全件表示 >>