表 雅章 (オモテ マサアキ)

OMOTE Masaaki

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~p-yakka/yakka-lab/top-j

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  薬学士

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会
  • 日本薬学会
  • アメリカ化学会
  • 日本フッ素化学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学 (薬化学 有機フッ素化学 不斉合成)

  • 有機化学 (薬化学、有機フッ素化学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 小分子蛍光性化合物の創製

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2015年04月  -  継続中

  • COX2高選択的インドメタシンアナログの合成

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2014年04月  -  継続中

  • 新規なフッ素化試薬の開発

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2010年04月  -  継続中

  • 新規なフッ素導入反応の開発

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2006年04月  -  継続中

    キーワード:トリフルオロメチル、ジフルオロビニル、有機ケイ素化合物

  • 含フッ素不斉配位子の合成

    研究区分:個人研究 

    研究期間:1999年04月  -  2009年03月

    キーワード:フッ素、キラル、配位子、不斉反応

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of learning dataset for identification of active molecules: a case study of integrin αIIbβ3 inhibitors

    Kentaro Kawai, Mami Tomonou, Yume Machida, Yukiko Karuo, Atsushi Tarui, Kazuyuki Sato, Yoshiki Ikeda, Tatsuo Kinashi, Masaaki Omote

    Molecular Informatics   202060040   2021年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Synthesis of aryl 2-bromo-2-chloro-1,1-difluoroethyl ethers through the base-mediated reaction between phenols and halothane

    Yukiko Karuo, Ayaka Kametani, Atsushi Tarui, Kazuyuki Sato, Kentaro Kawai, Masaaki Omote

    Beilstein Journal of Organic Chemistry17   89 - 96   2021年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Stereoselective synthesis of multisubstituted α-fluoro-β-lactams

    Atsushi Tarui, Yukiko Karuo, Kazuyuki Sato, Kentaro Kawai, Masaaki Omote

    Current Organic Chemistry24   2169 - 2180   2020年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Reductive carbon−carbon bond forming reactions with carbonyls mediated by Rh−H complex

    Kazuyuki Sato, Motoyuki Isoda, Atsushi Tarui, Masaaki Omote

    European Journal of Organic Chemistry42   6503 - 6511   2020年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Synthesis of new fluorescent molecules having an aggregation-induced emission property derived from 4-fluoroisoxazoles

    Kazuyuki Sato, Akira Kawasaki, Yukiko Karuo, Atsushi Tarui, Kentaro Kawai, Masaaki Omote

    Beilstein Journal of Organic Chemistry16   1411 - 1417   2020年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 薬系有機化学

    安藤 章、山口泰史、藤岡晴人、宮岡宏明、森川 勉、田口博明、表 雅章、柳田玲子、河野富一  教科書  共著

    南江堂  2018年03月

  • フッ素化学入門 フッ素化合物の合成法

    田口武夫、萩原理加、山崎孝、他  単行本(学術書)  分担執筆

    三共出版  2015年03月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • α,α-ジフルオロ-β-ヒドロキシケトンとその類縁体の合成を目指したYb(OTf)3?nH2Oで促進される連続的Krapcho脱炭酸/aldol反応

    日本薬学会 第141年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2021年03月
     
     

  • ハロタンを用いた1,1-ジフルオロエチルエーテル合成法の開発

    日本薬学会 第141年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2021年03月
     
     

  • シメチジン類縁体を用いたヒトMATE1輸送体阻害作用の構造活性相関研究

    日本薬学会 第141年会  国内会議  口頭(一般) 

    2021年03月
     
     

  • インテグリンαIIbβ3阻害剤の効率的なインシリコスクリーニング方法の探索

    第49回構造活性相関シンポジウム  国内会議  口頭(一般) 

    2020年12月
     
     

  • ドッキングプログラムが生成する結合ポーズと相互作用パターンとの関係

    第48回構造活性相関シンポジウム  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年12月
     
     

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 含フッ素リポソーム膜の形成とこれを利用したビタミンEの体内動態の研究

    科学研究費補助金

    研究期間:2000年04月  -  2003年03月 

  • フッ素をプローブとして利用するビタミンEの生体膜中での挙動の研究

    科学研究費補助金

    研究期間:1998年04月  -  1999年03月