中原 和秀 (ナカハラ カズヒデ)

NAKAHARA Kazuhide

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

有機化学、計算化学

特記事項

中原 和秀

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 福岡大学  薬学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学  薬学教育部  博士課程  修了

  • 熊本大学  薬学教育部  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学 -  薬学修士

  • 熊本大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 日本薬剤師会・熊本県薬剤師会
  • 日本薬剤師会・群馬県薬剤師会
  • 日本薬剤師会・大阪府薬剤師会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reaction of 2,3,5,6,7,8-Hexahydroquinoxaline with Thiourea Derivatives: Analysis of the Structure and Conformational State of [4.4.3]Propellane

    Kazuhide Nakahara, Koki Yamaguchi, Hisao Kansui

    Heterocycles98 ( 1 ) 88 - 95   2019年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Chloramine-T-Mediated Oxidation of Benzylic Alcohols Using Indium(III) Triflate.

    Nakahara K, Kitazawa C, Mineno T.

    Chem. Pharm. Bull.   2017年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Design Strategy for Small Molecule-based Targeted MRI Contrast Agents: Application for Detection of Atherosclerotic Plaques.

    Iwaki S, Hokamura K, Ogawa M, Takehara Y, Muramatsu Y, Yamane T, Hirabayashi K, Morimoto Y, Hagisawa K, Nakahara K, Mineno T, Terai T, Komatsu T, Ueno T, Tamura K, Adachi Y, Hirata Y, Arita M, Arai H, Umemura K, Nagano T and Hanaoka K.

    Org. Biomol. Chem.   2014年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • The Effect of Indium(Ⅲ) Triflate in Oxone-Mediated Oxidative Methyl Esterification of Aldehydes.

    Mineno T, Sakai M, Ubukata A, Nakahara K, Yoshimitsu H, Kansui H.

    Chem. Pharm. Bull.   2013年08月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • 「半経験的分子軌道計算を用いたトリクロロエチルエステルの金属インジウムによる反応選択性の検討」

    中原和秀、峯野知子

    高崎健康福祉大学紀要   2013年04月

    共著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • クロラミンTとインジウムトリフラートによるアルコール酸化の検討

    日本薬学会第136年会  国内会議  口頭(一般) 

    2016年03月
     
     

  • ニトロアルケンのワンポット合成を触媒するルイス酸の検討

    日本薬学会第135年会  国内会議  口頭(一般) 

    2015年03月
     
     

  • 複素環化合物を用いたエステル誘導体の合成

    日本薬学会第133年会  国内会議  口頭(一般) 

    2013年03月
     
     

  • 1級アミドの化学変換反応に対する3価インジウムの精査

    第38回反応と合成の進歩シンポジウム「ライフサイエンスを志向した理論、反応及び合成」  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2012年11月