北谷 和之 (キタタニ カズユキ)

KITATANI Kazuyuki

写真a

職名

講師

研究分野・キーワード

脂質、腫瘍生物学、がん治療、セラミド、スフィンゴ脂質

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~p-yakko/english.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学部  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学 -  薬学修士

  • 京都薬科大学 -  薬学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 米国生化学・分子生物学会
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本生化学会
  • 日本脂質生化学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍 (卵巣がん)

  • 薬理学 (セラミド)

  • がん生物学 (転移)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • スフィンゴシン分子認識を基盤としたがん創薬

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2018年10月  -  継続中

  • 卵巣がん治療標的分子の探索

    研究区分:国際共同研究 

    研究期間:2012年04月  -  継続中

  • スフィンゴ脂質の腫瘍生物学と創薬

    研究区分:国際共同研究 

    研究期間:2008年12月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Tyrosine kinase receptor TIE-1 mediates platinum resistance by promoting nucleotide excision repair in ovarian cancer.

    Ishibashi M, Toyoshima M, Zhang X, Hasegawa-Minato J, Shigeta S, Usui T, Kemp CJ, Grandori C, Kitatani K, Yaegashi N.

    Scientific Reports8   13207   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Cohort Profile: Tohoku Medical Megabank Project Birth and Three-Generation Cohort Study (TMM BirThree Cohort Study): rationale, progress and perspective

    5. Shinichi Kuriyama, Hirohito Metoki, Masahiro Kikuya, Taku Obara, Mami Ishikuro, Chizuru Yamanaka, Masato Nagai, Hiroko Matsubara, Tomoko Kobayashi, Junichi Sugawara, Gen Tamiya, Atsushi Hozawa, Naoki Nakaya, Naho Tsuchiya, Tomohiro Nakamura, Akira Narita, Mana Kogure, Takumi Hirata, Ichiro Tsuji, Fuji Nagami, Nobuo Fuse, Tomohiko Arai, Yoshio Kawaguchi, Shinichi Higuchi, Masaki Sakaida, Yoichi Suzuki, Noriko Osumi, Keiko Nakayama, Kiyoshi Ito, Shinichi Egawa, Koichi Chida, Eiichi Kodama, Hideyasu Kiyomoto, Tadashi Ishii, Akito Tsuboi, Hiroaki Tomita, Yasuyuki Taki, Hiroshi Kawame, Kichiya Suzuki, Naoto Ishii, Soichi Ogishima, Satoshi Mizuno, Takako Takai-Igarashi, Naoko Minegishi, Jun Yasuda, Kazuhiko Igarashi, Ritsuko Shimizu, Masao Nagasaki, Osamu Tanabe, Seizo Koshiba, Hiroaki Hashizume, Hozumi Motohashi, Teiji Tominaga, Sadayoshi Ito, Kozo Tanno, Kiyomi Sakata, Atsushi Shimizu, Jiro Hitomi, Makoto Sasaki, Kengo Kinoshita, Hiroshi Tanaka, Tadao Kobayashi, The Tohoku Medical Megabank Project Study Group, Shigeo Kure, Nobuo Yaegashi, Masayuki Yamamoto; Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization (ToMMo) Study Group Members: Michiaki Abe, Yayoi Aizawa, Yuichi Aoki, Koichi Chida, Inaho Danjoh, Shinichi Egawa, Ai Eto, Takamitsu Funayama, Nobuo Fuse, Yohei Hamanaka, Yuki Harada, Hiroaki Hashizume, Shinichi Higuchi, Sachiko Hirano, Takumi Hirata, Masahiro Hiratsuka, Atsushi Hozawa, Kazuhiko Igarashi, Jin Inoue, Noriko Ishida, Naoto Ishii, Tadashi Ishii, Mami Ishikuro, Kiyoshi Ito, Sadayoshi Ito, Maiko Kageyama, Fumiki Katsuoka, Hiroshi Kawame, Junko Kawashima, Masahiro Kikuya, Kengo Kinoshita, Kazuyuki Kitatani, Tomomi Kiyama, Hideyasu Kiyomoto, Tomoko Kobayashi, Eiichi Kodama, Mana Kogure, Kaname Kojima, Sachie Koreeda, Seizo Koshiba, Shihoko Koyama, Hisaaki Kudo, Kazuki Kumada, Shigeo Kure, Miho Kuriki, Shinichi Kuriyama, Yoko Kuroki, Norihide Maikusa, Satoshi Makino, Hiroko Matsubara, Hiroyuki Matsui, Hirohito Metoki, Takahiro Mimori, Naoko Minegishi, Kazuharu Misawa, Masako Miyashita, Satoshi Mizuno, Hozumi Motohashi, Ikuko N. Motoike, Keiko Murakami, Satoshi Nagaie, Masato Nagai, Fuji Nagami, Masao Nagasaki, Sachiko Nagase, Naoki Nakamura, Tomohiro Nakamura, Naoki Nakaya, Keiko Nakayama, Akira Narita, Ichiko Nishijima, Takahiro Nobukuni, Kotaro Nochioka, Taku Obara, Soichi Ogishima, Noriaki Ohuchi, Gervais Olivier, Noriko Osumi, Hiroshi Otsu, Akihito Otsuki, Daisuke Saigusa, Sakae Saito, Tomo Saito, Masaki Sakaida, Mika Sakurai-Yageta, Yuki Sato, Yukuto Sato, Atsushi Sekiguchi, Chen-Yang Shen, Tomoko F. Shibata, Ritsuko Shimizu, Kazuro Shimokawa, Matsuyuki Shirota, Junichi Sugawara, Kichiya Suzuki, Yoichi Suzuki, Shu Tadaka, Makiko Taira, Takako Takai-Igarashi, Yuji Takano, Yasuyuki Taki, Gen Tamiya, Osamu Tanabe, Hiroshi Tanaka, Yukari Tanaka, Shunsuke Teraguchi, Takahiro Terakawa, Teiji Tominaga, Hiroaki Tomita, Akito Tsuboi, Naho Tsuchiya, Ichiro Tsuji, Masao Ueki, Akira Uruno, Nobuo Yaegashi, Junya Yamagishi, Yumi Yamaguchi-Kabata, Chizuru Yamanaka, Riu Yamashita, Jun Yasuda, Junji Yokozawa and Kazunori Waki. Iwate Medical University Iwate Tohoku Medical Megabank Organization (IMM) Study Group Members: Junko Akai, Ryujin Endo, Akimune Fukushima, Ryohei Furukawa, Tsuyoshi Hachiya, Kouhei Hashizume, Jiro Hitomi, Yasushi Ishigaki, Shohei Komaki, Yuka Kotozaki, Takahiro Mikami, Motoyuki Nakamura, Naoyuki Nishiya, Satoshi Nishizuka, Yoko Nomura, Kuniaki Ogasawara, Hideki Ohmomo, Shinichi Omama, Ryo Otomo, Kotaro Otsuka, Kotaro Oyama, Kiyomi Sakata, Ryohei Sasaki, Mamoru Satoh, Namie Sato, Atsushi Shimizu, Yu Shiwa, Yoichi Sutoh, Nobuyuki Takanashi, Noriko Takebe, Fumitaka Tanaka, Ryoichi Tanaka, Kozo Tanno, Tomoharu Tokutomi, Kayono Yamamoto, and Fumio Yamashita

    International Journal of Epidemiology49   18m - 19m   2020年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Adoptive transfer of type 1 regulatory T cells suppressed the development of airway hyperresponsiveness in ovalbumin-induced airway inflammation model mice

    Matsuda M, Doi K, Tsutsumi T, Inaba M, Hamaguchi J, Terada T, Kawata R, Kitatani K, Nabe T

    Journal of Pharmacological Sciences141 ( 4 ) 139 - 145   2019年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Regulation of Cell Motility by La-Related Protein 4 in Ovarian Cancer Cells

    Mahy Egiz, Toshinori Usui, Masumi Ishibashi, Xuewei Zhang, Shogo Shigeta, Masafumi Toyoshima, Kazuyuki Kitatani, Nobuo Yaegashi

    Tohoku Journal Experimental Medicine247   59 - 67   2019年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Novel cooperative pathway of c-Myc and Furin, a pro-protein convertase, in cell proliferation as a therapeutic target in ovarian cancers

    Hasegawa-Minato J, Toyoshima M., Ishibashi M., Zhang X., Shigeta S., Grandori C., Kitatani K. and Yaegashi N

    Oncotarget   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • セラミド研究の新展開

    北谷和之  (担当部分:リポソーム化セラミド製剤の前臨床研究)  単行本(学術書)  分担執筆

    食品化学新聞社  2019年06月

  • セラミドの細胞内機能概論:スフィンゴミエリン合成酵素ファミリー

    北谷和之、岡崎俊郎  単行本(学術書)  共著

    セラミド-基礎と応用  2011年

  • Generation of signaling molecules by de novo sphingolipid synthesis

    Kitatani K., Cowart L. A., Hannun Y. A  単行本(学術書)  共著

    Sphingolipid Biology, Springer  2006年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Regulation of necroptosis by phospholipids and sphingolipids

    Zhang X, Matsuda M, Yaegashi N, Nabe T, Kitatani K

    Cells ( MDPI )  5 ( 9 ) 627  2020年03月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 皮下免疫療法を行ったヒトおよびマウスのアレルギーにおけるFoxp3+ Treg細胞およびTr1細胞の解析

    松田将也,寺田哲也,北谷和之,河田 了,奈邉 健

    日本薬理学雑誌 ( 日本薬理学会 )  154   17 - 22  2019年

    総説・解説(大学・研究所紀要)  共著

  • 脂質を介したネクロプトーシス制御

    張雪薇 北谷和之

    生化学   90   797 - 800  2018年

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • がん転移学の基礎研究:卵巣癌の分子機構

    渋谷祐介,重田昌吾,伊藤潔,北谷和之,八重樫伸生

    日本臨床    2017年

    総説・解説(商業誌)  共著

  • 東北からバイオバンク試料・情報の分譲 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 (北から南から)

    北谷和之

    生化学    2017年

    総説・解説(学術雑誌)  単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ステロイド抵抗性喘息におけるTSLPの関与の可能性

    日本薬学会第140年会  京都  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • 喘息に対するセラミド製剤の治療効果

    日本薬学会第140年会  京都  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • IL-10気管内投与によるステロイド抵抗性喘息マウスモデルに対する抑制効果

    日本薬学会第140年会  京都  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • IL-5/eosinophils are involved in acquisition of steroid resistance in severe asthma of mice

    第93回日本薬理学会年会  横浜  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

  • Type 1 regulatory T (Tr1)-like cells increased by sublingual immunotherapy (SLIT) suppressed allergic inflammation

    第93回日本薬理学会年会  横浜  国内会議  ポスター(一般) 

    2020年03月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 理事長表彰

    常翔学園  国内外の国際的学術賞 

    受賞国:日本国

  • 理事長表彰

    常翔学園  その他の賞 

    受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing

    European Journal of Surgical Oncology  学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • Young Investigator Award

    Gaucher Generation Program (Genzyme)  国内外の国際的学術賞 

    受賞国:アメリカ合衆国

  • Travel Award

    40th Annual Southeaster Regional Lipid Conference  国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:アメリカ合衆国

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 持田記念医学薬学振興財団 研究助成金

    持田記念医学薬学振興財団  創薬・創剤の基盤に関する研究

    研究期間:2019年12月  -  継続中 

  • Identification of acid β-glucosidase as a tumor suppressor gene

    水谷糖質科学振興財団  第24回研究助成

    研究期間:2017年04月  -  2018年09月 

  • セラミド合成酵素の腫瘍生物学と新たな癌治療戦略の構築

    武田科学振興財団  医学系研究助成

    研究期間:2016年04月  -  2020年03月 

  • 卵巣がんでのセラミドの意義

    JSPS  科学研究費補助金 基盤研究(C)

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月 

  • 卵巣がん転移を標的とした創薬の基盤構築:セラミドの利用

    JSPS  科学研究費補助金 若手研究(B)

    研究期間:2014年04月  -  2016年03月 

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 競技者に対するアンチ・ドーピング教育(対象:ラグビー部員)

    2019年05月
     
     

  • 京都薬科大学ラグビー部OB総会 パネルディスカッション

    2019年04月
     
     

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高校模擬講義

    2019年09月
     
     

  • 高校模擬講義

    2018年10月