小山 裕樹 (オヤマ ユウキ)

OYAMA Yuki

写真a

職名

講師

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  文学部  人間関係学系 教育学専攻  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  教育学研究科  総合教育科学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学 -  学士(人間関係学)

  • 東京大学 -  修士(教育学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 教育哲学会
  • 教育思想史学会
  • 日本ディルタイ協会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育学 (教育哲学、教育思想史)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 教育の哲学的基礎に関する研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2006年04月  -  継続中

  • ドイツの哲学者・心理学者・教育学者であるヘルバルト(Johann Friedrich Herbart 1776-1841)に関する思想史的研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2006年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 教育思想史の「裏面」を問う――「古典」はどう読まれてこなかったのか

    相馬伸一, 下司晶, 室井麗子, 小山裕樹, 生澤繁樹

    近代教育フォーラム ( 25 ) 166 - 172   2016年09月

    共著

    担当部分:ヘルバルト教育思想の「裏面」を問う一つの試み――「完全性」概念に着目して(pp.169-171)

    研究論文(学術雑誌)

  • ヘルバルトの道徳教育論における「完全性」概念の歴史哲学的射程

    小山裕樹

    東京大学大学院教育学研究科紀要54   15 - 24   2015年03月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 自由への無限の過程――ヘルバルトの道徳教育論における「完全性」概念の含意

    小山裕樹

    研究室紀要 ( 40 ) 179 - 189   2014年07月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 教育思想家は「科学(Wissenschaft)」をどう考えてきたか?

    小山裕樹, 河野桃子, 岸本智典, 柴山英樹, 小野文生

    近代教育フォーラム ( 22 ) 245 - 257   2013年09月

    共著

    担当部分:教育の量化可能性の果てに――ヘルバルトの「科学/学問」観をめぐる予備的考察(pp.245-248)

    研究論文(学術雑誌)

  • 存在の中で当為を如何に描出し得るか――ヘルバルト心理学における「球体」のシンボル論的意義

    小山裕樹

    教育哲学研究 ( 107 ) 97 - 114   2013年05月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 西洋教育思想史

    眞壁宏幹、綾井桜子、伊藤敦広、岩下誠、上野正道、小山裕樹、岸本智典、粂川麻里生、佐藤真基子、高柳充利、舟山俊明、古屋恵太、松浦良充、渡邊福太郎  (担当部分:ヘルバルト教育学(pp.285-302))  単行本(学術書)  共著

    慶應義塾大学出版会  2016年04月

  • 教員養成を問いなおす――制度・実践・思想

    下司晶、須川公央、関根宏朗、山本一生、走井洋一、田口賢太郎、青柳宏幸、富田純喜、宇内一文、中橋和昭、天野幸輔、力間博隆、小山裕樹、河野桃子、熊本哲也、広田照幸、小玉重夫  (担当部分:教員養成における理論―実践問題の起源を辿る――ヘルバルトの教員養成論へ(pp.146-162))  単行本(学術書)  共著

    東洋館出版社  2016年03月

  • 「甘え」と「自律」の教育学――ケア・道徳・関係性

    下司晶、須川公央、関根宏朗、櫻井歓、富田純喜、小山裕樹、尾崎博美  (担当部分:「自律」観の転換に向けて――カントの反省的判断力論をめぐる諸解釈から(pp.157-183))  単行本(学術書)  共著

    世織書房  2015年05月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ヘルバルトにおける「陶冶可能性」概念の再検討――「完全性」概念との関わりから

    日本ディルタイ協会関西大会  大谷大学  国内会議  口頭(一般) 

    2017年07月
     
     

  • ヘルバルト教育学の思想的背景――「完全性(Vollkommenheit)」概念に注目して――

      神戸大学  口頭(一般) 

    2015年12月
     
     

  • ヘルバルト教育思想の「裏面」を問う一つの試み――「完全性」概念に依拠しながら――

    教育思想史学会第25回大会  慶應義塾大学  口頭(一般) 

    2015年09月
     
     

  • ヘルバルトの「完全性」概念とその歴史哲学的含意

    教育哲学会第57回大会  日本女子大学  口頭(一般) 

    2014年09月
     
     

  • 教育過程の”数量化可能性”と”数量化不可能性”というアンビヴァレンス-ヘルバルト教育学における「科学性/学問性」の検討とともに―

    教育思想史学会第22回大会  東京大学  口頭(一般) 

    2012年10月
     
     

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 実践報告:「道徳科」における「考え議論する道徳」の指導のために――教職科目「道徳教育の研究」での取り組み

    その他 

    2017年03月
     
     

    摂南大学教育学研究(第13号) 

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ヘルバルト教育学における近代性の再検討―「完全性」概念を手がかりに―

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:2015年08月  -  2017年03月 

  • 教育思想家像の国際比較

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:2015年04月  -  2018年03月