東野 晴輝 (ヒガシノ ハルキ)

HIGASHINO Haruki

写真a

職名

助教

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬剤学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人日本薬剤学会
  • 公益社団法人日本薬学会
  • Asian Federation for Pharmaceutical Sciences (AFPS)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学 (薬剤学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 脂質分散製剤の消化管吸収機構の解析

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2014年

  • 難溶解性薬物の消化管吸収に関する研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

  • 大腸がんの早期発見に関する研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2009年  -  2011年

論文 【 表示 / 非表示

  • In vitro assessment of supersaturation/precipitation and biological membrane permeation of poorly water-soluble drugs: a case study with albendazole and ketoconazole.

    Kataoka M, Takeyama S, Minami K, Higashino H, Kakimi K, Fujii Y, Takahashi M, Yamashita S.

    Journal of pharmaceutical sciences   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of the complicated nonlinear pharmacokinetics of orally administered telmisartan in rats using a stable isotope-IV method.

    Minami K, Higashino H, Kataoka M, Togashi K, Mutaguchi K, Yamashita S.

    Journal of pharmaceutical sciences   2019年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Quantitative Analysis of the Transporter-Mediated Drug-Drug Interaction Between Atorvastatin and Rifampicin Using a Stable Isotope-IV Method.

    Yamashita S, Hasegawa T, Tachihara M, Minami K, Higashino H, Togashi K, Mutaguchi K, Kataoka M

    Journal of pharmaceutical sciences.   2017年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Design of supersaturable formulation of telmisartan with pH modifier: in vitro study on dissolution and precipitation

    Shinji Yamashita, Arima Fukunishi, Haruki Higashino, Makoto Kataoka, Koichi Wada

    Journal of Pharmaceutical Investigation   2017年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Increase in the systemic exposure of primary metabolites of Midazolam in rat arising from CYP inhibition or hepatic dysfunction

    Tsubasa Hasegawa, Satomi Nakanishi, Keiko Minami, Haruki Higashino, Makoto Kataoka, Yoshihisa Shitara, Shinji Yamashita

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics   2016年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 紹介 The 2nd Workshop for Korea-Japan Young Scientists on Pharmaceutics (KJYSP)

    東野晴輝

    薬剤学    2018年

    会議報告等  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Lipid-based formulationを用いた難水溶性化合物の消化管吸収改善

    第8回日本薬剤学会経口吸収FG合宿討論会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年10月
     
     

  • Contribution of intestinal and hepatic metabolism on systemic exposure of the metabolite of orally dosed verapamil: Quantitative analysis using stable isotope-labeled compound

    第33回日本薬物動態学会/第22回MDOシンポジウム合同国際学会  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年10月
     
     

  • Functional evaluation of mucoadhesive liposome aiming oral delivery of peptide drugs

    Globalization of Pharmaceutics Education Network 2018  国際会議  口頭(一般) 

    2018年09月
     
     

  • ラットに固形製剤を経口投与した後の吸収挙動に及ぼす投与水分量の影響

    創剤フォーラム第24回若手研究会  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

  • ペプチド医薬品の経口デリバリーを目的とした消化管滞留性リポソームの機能性評価

    創剤フォーラム第24回若手研究会  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀発表者賞

    日本薬剤学会 第29年会  その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 消化管吸収の改善および個体内/個体間変動の低減を目的とした脂質分散製剤の開発

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月