奈邉 健 (ナベ タケシ)

NABE Takeshi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

アレルギー、免疫学、薬理学

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~p-yakko/home.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学部  薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学研究科  薬理学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本炎症・再生医学会
  • 社団法人 日本薬理学会
  • 公益社団法人 日本薬学会
  • 社団法人 日本アレルギー学会
  • 日本眼薬理学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (アトピー、免疫、抗アレルギー薬)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アトピー疾患の新規治療法としての誘導型の制御性T細胞(Tr1細胞)を用いた抗原特異的免疫療法の開発

    科学研究費補助金 

    研究期間:2009年

    キーワード:制御性T細胞、Tr1細胞、アトピー、免疫療法

  • 難治性アトピー疾患の病態解析と制御に関する研究

    科学研究費補助金 

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2005年

    キーワード:アトピー、獲得免疫、自然免疫、アレルギー

論文 【 表示 / 非表示

  • Brain allopregnanolone induces marked scratching behaviour in diet-induced atopic dermatitis mouse model.

    Masanori Fujii, Sayaka Ohgami, Erika Asano, Takanori Nakayama, Takahiro Toda, Takeshi Nabe, Susumu Ohya S

    Sci Rep9 ( 1 ) 2364   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Efficient isolation of high-quality total RNA from strawberry

    Misaki Ishibashi, Takeshi Nabe, Yoko Nitta, Yuichi Uno

    HortScience54 ( 2 ) 380 - 384   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Barbiturates eanhance itch-associated scratching in atopic dermatitis mice: a possible clue to understand nocturnal pruritus in atopic dermatitis.

    Masanori Fujii, Kaori Takeuchi, Yuna Umehara, Masafumi Takeuchi, Takanori Nakayama, Sayaka Ohgami, Erika Asano, Takeshi Nabe, Susumu Ohya

    Eur J Pharmacol836   57 - 66   2018年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Antigen-specific airway IL-33 production depends on FcγR-mediated incorporation of the antigen by alveolar macrophages in sensitized mice.

    Takeshi Nabe, Masaya Matsuda, Tomoki Ishida, Nau Tsujimoto, Hitomi Kido, Haruna Kanaya H, Hiromu Takahashi, Naoki Takemoto, Miku Nomura, Keiichi Ishihara, Satoshi Akiba, Nobuaki Mizutani

    Immunology155 ( 1 ) 99 - 111   2018年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Eicosapentaenoic acid ethyl ester ameliorates atopic dermatitis-like symptoms in special diet-fed hairless mice, partly by restoring covalently bound ceramides in the stratum corneum.

    Masanori Fujii, Chie Ohyanagi, Naomi Kawaguchi, Hiroyuki Matsuda, Yoshitaka Miyamoto, Susumu Ohya, Takeshi Nabe.

    Exp Dermatol27 ( 8 ) 837 - 840   2018年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Current Approaches to Allergic Rhinitis

    奈邉 健  (担当部分:Other treatments.)  単行本(学術書)  単著

    Future Science, London  2014年02月

  • 服薬指導・看護に役立つよくわかる治療薬ブック

    奈邉 健  (担当部分:呼吸器でよく使う薬)  単行本(学術書)  単著

    照林社  2012年11月

  • 最新基礎薬理学 第3版

    加藤伸一  (担当部分:平滑筋に作用する薬物、呼吸器系に作用する薬物、オータコイド)  単行本(学術書)  共著

    廣川書店  2011年10月

  • Advanced topics in Environmental health and air pollution case studies

    水谷暢明  (担当部分:Aggravation of allergic rhinitis by air pollution: Demonstration by an animal model of pollenosis)  単行本(学術書)  共著

    Intech, Croatia  2011年08月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アレルギー疾患の発症機序と制御

    奈邉 健

    第54回日本アレルギー学会専門医認定教育セミナーテキスト ( 日本アレルギー学会 )    1 - 7  2018年10月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ステロイド抵抗性喘息のマウスモデルの開発-白血球浸潤、気道過敏性および肺組織の変化-

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

  • 皮下免疫療法を行ったヒトおよびマウスのアレルギーにおけるFoxp3+ Treg細胞およびTr1細胞の解析

    第92回日本薬理学会年会  大阪  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2019年03月
     
     

  • セラミドナノリポソームの抗腫瘍活性:MLKL依存的ネクロプトーシス誘導

    第92回日本薬理学会年会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

  • ステロイド抵抗性喘息のマウスモデルの開発と好中球の関与の可能性

    第92回日本薬理学会年会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

  • アレルギー性気道炎症における抗原特異的なIL-33産生の機序

    第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会  大阪  国内会議  口頭(招待・特別) 

    2019年02月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Journal of Pharmacological Sciences 2015 Excellent Reviewer Award

    日本薬理学会  学会誌・学術雑誌による顕彰 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • IL-33産生機序の免疫学的解析を介した難治性喘息の病態解明

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:2017年04月  -  2020年03月 

  • インターロイキン-33をターゲットとした難治性アトピー疾患の制御に関する研究

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:2014年04月  -  2017年03月 

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 服薬指導・看護に役立つ よくわかる治療薬ブック(照林社)

    2012年11月
     
     

  • 最新基礎薬理学 第3版(廣川書店)

    2011年10月
     
     

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • アレルギー専門医認定教育講演「アレルギー疾患の発症機序と制御」

    2018年10月
     
     

  • Airway Medicine研究会

    2014年06月
     
     

    気道アレルギー疾患におけるロイコトリエンの役割についての基礎的考察で講演した。