村田 幸作 (ムラタ コウサク)

MURATA Kousaku

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学部  食品工学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  食品工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  農学博士(京都大学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際専門誌 Bioengineered Bugs  
  • 日本ビタミン学会
  • 日本生化学会
  • 日本生物工学会
  • 日本農芸化学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 構造生物学 (微生物バイオテクノロジー一般(分類・培養・代謝・生理・酵素・遺伝子・分子育種)、X線結晶構造解析、細胞表層工学、食品関連多糖)

  • 食品生物科学 (微生物バイオテクノロジー一般(分類・培養・代謝・生理・酵素・遺伝子・分子育種)、X線結晶構造解析、細胞表層工学、食品関連多糖)

  • 応用微生物学 (微生物バイオテクノロジー一般(分類・培養・代謝・生理・酵素・遺伝子・分子育種)、X線結晶構造解析、細胞表層工学、食品関連多糖)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Extremely high intracellular concentration of glucose-6-phosphate and NAD(H) in Deinococcus radiodurans

    T.Yamashiro et al

    Extremophiles21 ( 2 ) 399 - 407   2017年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • A solute-binding protein in the closed conformation induces ATP hydorolysis in a bacterial ATP-binding cassette transporter involved in the import of alginate.

    Ai Kaneko, Kasumi Uenishi, Yukie Maruyama, Nobuhiro Mizuno, Seiki Baba, Takashi Kumasaka, Bunzo Mikami, Kousaku Murata, and Wataru Hasimoto

    J.Biol.Chem.292 ( 38 ) 15681 - 15690   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Alternative substrate-bound conformation of bacterial solute-binding protein involved in the import of mammalian host glycosaminoglycans.

    Sayoko Oiki, Reiko Kamachi, Bunzo Mikami, Kousaku Murata, and Wataru Hashimoto

    Sci.Rep., 7 ( 1 ) 17005   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Crucial role of 4-deoxy-L-erythro-5-hexoseulose uronate reductase for alginate utilization revealed by adaptive evolution in engineered Saccharomyces cerevisiae.

    Fumiya Matsuoka, Makoto Hirayama, Takayuki Kashihara, Hideki Tanaka, Wataru Hashimoto, Kousaku Murata, Shigeyuki Kawai

    Sci.Rep.,7 ( 1 ) 4206   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • A bacterial ABC transporter enables import of mammalian host glycosaminoglycans.

    Sayoko Oiki, Bunzo Mikami, Yukie Maruyama, Kousaku Murata, and Wataru Hashimoto

    Sci.Rep., 7 ( 1 ) 1069   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • リサイクルバイオテクノロジーの最前線(植田充美 監修)

    河井重幸 村田幸作  (担当部分:大型海藻(褐藻類)からのエタノール生産)  単行本(学術書)  共著

    シーエムシー出版  2013年05月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ミトコンドリアNADキナーゼ遺伝子(NADK2)欠損症の症例報告

    河井重幸、村田幸作

    ビタミン    2017年03月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 酵母による褐藻糖質からのエタノール生産

    河井重幸、村田幸作

    バイオサイエンスとインダストリー    2017年01月

    総説・解説(学術雑誌)  共著

  • 酵母による褐藻糖質からのエタノール生産

    河井重幸、村田幸作

    バイオサイエンスとバイオインダストリー   75 ( 1 ) 42 - 43  2017年

    総説・解説(大学・研究所紀要)  共著

  • (トピックス)ミトコンドリNADキナーゼ遺伝子(NADK2)欠損症の症例報告

    河井重幸、村田幸作

    ビタミン   91   204 - 206  2017年

    総説・解説(大学・研究所紀要)  共著

  • 酵母による海藻(褐藻, 紅藻)糖質発酵に向けて

    河井重幸、村田幸作

    酵素工学ニュース   ( 77 ) 12 - 16  2017年

    総説・解説(大学・研究所紀要)  共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 出芽酵母におけるナンセンス変異により形成されるC末端にポリQ配列を有する変異Cyc8のプリオン様の挙動

    日本農芸化学会2018年度大会  名城大学(名古屋市)  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

    【発表要旨集】 大会プログラム集  82  -  82

  • グリコサミノグリカンの輸送に関わる細菌タンパク質は二種類の基質結合型closed構造をとる

    日本農芸化学会2018年度大会  名城大学(名古屋市)  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 発芽能のある大豆は納豆菌の増殖を抑制する

    日本農芸化学会2018年度大会  名城大学(名古屋市)  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • エキソ型アルギン酸リアーゼによる多糖アルギン酸の分解物DEHはアミノ基と非酵素的に反応する

    日本農芸化学会2018年度大会  名城大学(名古屋市)  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 代謝改変酵母によるアルギン酸由来モノウロン酸DEHの代謝の機構と転写コリプレッサーTup1-Cyc8との関連

    日本農芸化学会関西支部例会第502回講演会  京都大学(京都市)  国内会議  口頭(一般) 

    2018年02月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会 平成25年度大会トピックス賞 平成24年度大会トピックス賞 平成23年度大会トピックス賞

      その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本農芸化学会賞 【受賞題目: 「微生物「超チャネル」に関する分子生物学的・構造生物学的研究」】

      その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本生物工学会論文賞(1996年10月) 【受賞論文名:「Direct uptake of alginate molecule through a pit on bacterial cell surface: a novel mechanism to take up macromolecules」】 日本生物工学会論文賞(2001年10月) 【受賞論文名: 「Establishment of a mass-production system for NADP using bacterial inorganic polyphosphate/ATP-NAD kinase」】

      その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 永井記念財団 研究奨励賞 【受賞題目: 「分子育種による微生物細胞機能の改変と有用物質の生産」】

      その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 【受賞題目: 「微生物細胞機能の遺伝子工学的改変と有用物質の生産」】

      その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 動物の細胞外マトリクスを標的とする病原性細菌の定着・感染機構に関する構造生命科学

    研究期間:2015年04月  -  2018年03月 

  • 細胞質とミトコンドリアのNADP(H)濃度の制御を司るNADキ ナーゼの翻訳後修飾

    研究期間:2015年04月  -  2018年03月 

  • 褐藻類 の主成分マンニトールとアルギン酸を原料とする出芽酵母による有用化合物の発酵生 産

    研究期間:2015年04月  -  2017年03月 

  • 酸化還元とリアーゼ反 応の最適化による巨大褐藻類バイオマスの高度利用

    研究期間:2015年04月  -  2017年03月 

  • 国産海洋バイオマス巨大褐藻類の主要成分からのガソリン代替燃料イソブタノール の生産

    研究期間:2015年04月

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

    2014年04月
    -
    現在