中嶋 義隆 (ナカジマ ヨシタカ)

NAKAJIMA Yoshitaka

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  理学部  化学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  理学研究科  物質分子系専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会
  • 日本蛋白質科学会
  • 日本薬学会
  • 日本生物工学会
  • 日本結晶学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物科学 (構造生物化学、機能生物化学、生物物理学、分子生物学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Bioinformatic identification of cytochrome b5 homologues from the parasitic nematode Ascaris suum and the free-living nematode Caenorhabditis elegans highlights the crucial role of A. suum adult-specific secretory cytochrome b5 in parasitic adaptation

    ShinzaburoTakamiyaa, Muneaki Hashimoto, Toshihiro Mita, Takehiro Yokota, Yoshitaka Nakajima, Fumiyuki Yamakura, Shigetoshi Sugio, Tsutomu Fujimura

    Parasitology International65 ( 2 ) 113 - 120   2016年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Assessment of substrate inhibition of bacterial oligopeptidase B.

    Malik Suliman Mohamed Mustafa, Yoshitaka Nakajima, Hiroshi Oyama, Nobuhisa Iwata, and Kiyoshi Ito

    Biol. Pharm. Bull.35 ( 11 ) 2010 - 2016   2012年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Crystal structure of serine dehydrogenase from Escherichia coli: Important role of the C-terminal region for closed-complex formation.

    Ryuji Yamazawa,Yoshitaka Nakajima,Karin Mushiake,Tadashi Yoshimoto,Kiyoshi Ito

    J. Biochem.149   701 - 712   2011年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Dipeptidyl aminopeptidase IV from Stenotrophomonas maltophilia exhibits activity against a substrate containing a 4-hydroxyproline residue.

    Malik Suliman Mohamed Mustafa, Yoshitaka Nakajima, Hiroshi Oyama, Nobuhisa Iwata, and Kiyoshi Ito

    Journal of BacteriologyVol.190 ( No.23 ) 7819 - 7829   2008年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Ascaris suum cytochrome b5, an adult-specific secretory protein reducing oxygen-avid ferric hemoglobin

    Muneaki Hashimoto, ShinzaburoTakamiya, TakehiroYokota, Yoshitaka Nakajima, Fumiyuki Yamakura, Shigetoshi Sugio, Takashi Aoki

    Archives of Biochemistry and BiophysicsVol.471 ( No.1 ) 42 - 49   2008年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫学研究 材料と方法 2014年度版

    山倉 文幸  (担当部分:Ascaris suum由来シトクロムb5の結晶化)  単行本(学術書)  共著

    三恵社  2015年03月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • FAD依存型グルコース脱水素酵素変異体の速度論解析

    第70回日本生物工学会大会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年09月
     
     

  • 臨床診断に応用されるグルコース脱水素酵素の分子構造と機能

    摂南大学融合科学研究所研究講演会  摂南大学  国内会議  公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 

    2016年10月
     
     

  • A. oryaze由来FAD依存型D-グルコース脱水素酵素の反応機構

    第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会  神戸市  国内会議  ポスター(一般) 

    2015年12月
     
     

  • A. oryzae由来FAD依存型D-グルコース脱水素酵素におけるHis506の役割

    第67回日本生物工学会大会  城山観光ホテル・鹿児島市  国内会議  ポスター(一般) 

    2015年10月
     
     

  • 歯周病菌由来プロリルトリペプチジルペプチダーゼに対する米由来新規阻害剤

    9th General Meeting of The International Proteolysis Society  国際会議  ポスター(一般) 

    2015年10月
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • プロリルトリペプチジルペプチダーゼ阻害剤

    特許

    特願:特願2015-141260  特開:特開2017-019763  特許:特願2015-141260

    芳本 忠, 中嶋 義隆, 西村 仁, 伊藤 潔, 安形 博菜

    出願国:日本国  出願日:2015年07月01日  出願人名称:学校法人常翔学園

    公開日:2017年01月02日  登録日(発行日):2015年10月14日

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成21年度日本生化学会九州支部会学術奨励賞

    平成21年度日本生化学会九州支部例会  その他の賞 

    受賞国:日本国