西村 仁 (ニシムラ ヒトシ)

NISHIMURA Hitoshi

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会
  • 日本動物学会
  • 日本分子生物学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学 (受精,精子,卵子,配偶子間融合,線虫,マウス)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 線虫における生殖のメカニズムの解析

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2007年

    キーワード:配偶子形成,配偶子間融合,精子活性化,精子,卵子

論文 【 表示 / 非表示

  • Gamete interactions require transmembranous immunoglobulin-like proteins with conserved roles during evolution.

    Hitoshi Nishimura, Steven W. L'Hernault

    Worm5 ( 3 )   2016年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • 免疫グロブリン様遺伝子spe-45は線虫の受精においてマウスIzumo1のように機能する

    田島達也,Heather Skye Comstra, Elizabeth J. Gleason, Steven W. L'Hernault

    Current Biology25 ( 24 ) 1月7日   2015年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • 凝固XI因子の構造と機能

    平井秀憲

    日本血栓止血学会誌23 ( 6 ) 594 - 598   2012年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Characterization of Mouse TMEM190, A Small Transmembrane Protein with the Trefoil Domain: Evidence for Co-localization of IZUMO1 and Complex Formation with Other Sperm Proteins.

    西村 仁

    Reproduction141 ( 4 ) 431 - 457   2011年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

著書 【 表示 / 非表示

  • 凝固と炎症~新・血栓止血血管学

    西村 仁  (担当部分:接触系・炎症のモジュレータとして機能するポリリン酸)  単行本(学術書)  単著

    金芳堂  2015年09月

  • 動植物の受精学-共通機構と多様性

    西村 仁  (担当部分:線虫の受精)  単行本(学術書)  単著

    化学同人  2014年04月

  • 動植物における有性生殖

    田島 達也  (担当部分:線虫の生殖におけるspe遺伝子の機能的役割)  単行本(学術書)  共著

    スプリンガーオープン  2014年02月

  • New Frontiers in Medical Sciences:Redefining Hyaluronan

    米田雅彦 他6名  単行本(学術書)  共著

    Elsevier Scince B.V.  2000年05月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 線虫(C. elegans)を用いた精細胞活性化因子の同定

    第39回日本分子生物学会年会  パシフィコ横浜  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年11月
    -
    2016年12月

  • 線虫(C. elegans)における精子形成のメカニズム解明を指向した化学的ツールの開発

    第39回日本分子生物学会年会  パシフィコ横浜  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年11月
    -
    2016年12月

  • Screening of compounds that can dissect the C. elegans spermiogenesis pathway

    C. elegans Developmet, Cell Biology and Gene Expression Meeting  Orlando, FL, USA  国際会議  ポスター(一般) 

    2016年07月
     
     

  • 遺伝学的および化学的手法を用いた線虫精細胞の活性化機構の解析

    第63回生化学会近畿支部例会  神戸薬科大学  国内会議  口頭(一般) 

    2016年05月
     
     

  • 線虫のspe-45遺伝子はマウスIzumo1遺伝子のように配偶子間融合に必須である

    第20回国際線虫学会  カリフォルニア大学ロサンゼルス校  国際会議  ポスター(一般) 

    2015年06月
     
     

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 科学技術教養V1テキスト

    2017年03月
     
     

  • 京都産業大学との研究交流会

    2017年02月
     
     

  • 京都産業大学・国立生育医療研究センターとの研究交流会

    2016年09月
     
     

  • LEAP (Learning of Life Science English with Awesome Progress)

    2016年07月
     
     

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 島根県立益田高校SSH事業関西実習

    2016年10月