荒川 友博 (アラカワ トモヒロ)

ARAKAWA Tomohiro

写真a

職名

助教

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名城大学  薬学部  薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋市立大学  薬学研究科  医療機能薬学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名城大学 -  学士(薬学)

  • 名古屋市立大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会
  • 日本薬学会
  • 日本免疫学会
  • 日本毒性学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・衛生系薬学

  • 生物系薬学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 疾病予防・治療のための生物学的研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2010年

    キーワード:セレン

論文 【 表示 / 非表示

  • Seleno-L-methionine suppresses immunoglobulin E-mediated allergic response in RBL-2H3 cells

    Tomohiro Arakawa, Haruki Okubo, Midori Mae, Tomofumi Okuno, Hirofumi Ogino, Hitoshi Ueno

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   2019年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Naturally oxidized olive oil exacerbates contact hypersensitivity by promoting differentiation into effector T cells and increasing antigen-specific IFN-γ production

    Hirofumi Ogino, Tomofumi Okuno, Koichi Murano, Tomohiro Arakawa, Hitoshi Ueno

    Food and Agricultural Immunology30 ( 1 ) 74 - 86   2019年02月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • IL-18 and IFN-gamma expression enhances contact hypersensitivity after oral administration of naturally oxidized olive oil to mice

    Hirofumi Ogino, Koichi Murano, Tomofumi Okuno, Fumitoshi Sakazaki, Tomohiro Arakawa, Hitoshi Ueno

    Food and Agricultural Immunology29 ( 1 ) 886 - 897   2018年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Effects of supplementary seleno-L-methionine on atopic dermatitis-like skin lesions in mice

    Tomohiro Arakawa, Takahiro Sugiyama, Haruka Matsuura, Tomofumi Okuno, Hirofumi Ogino, Fumitoshi Sakazaki, Hitoshi Ueno

    Biological and Pharmaceutical Bulletin41 ( 9 ) 1456 - 1462   2018年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Role of Supplementary Selenium on the Induction of Insulin Resistance and Oxidative Stress in NSY Mice Fed a High Fat Diet

    Koichi Murano, Hirofumi Ogino, Tomofumi Okuno, Tomohiro Arakawa, Hitoshi Ueno

    Biological and Pharmaceutical Bulletin41 ( 1 ) 92 - 98   2018年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • がんの予防及び治療への新たなアプローチ

    荒川 友博

    ファルマシア ( 日本薬学会 )  47 ( 2 ) 162 - 163  2011年02月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 肥満細胞のアレルギー応答に及ぼすセレノメチオニンの影響の解析

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  口頭(一般) 

    2019年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第139年会  185  -  185  2019年03月

  • Hepa1-6肝癌細胞におけるインスリンシグナルとSelP発現との関連性

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第139年会  201  -  201  2019年03月

  • 接触性過敏反応時におけるIL-18発現に及ぼす酸化オリブ油の影響

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第139年会  226  -  226  2019年03月

  • Effects of selenium deficiency on atopic dermatitis-like skin lesions in mice

    第47回日本免疫学会学術集会  福岡  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年12月
     
     

    【発表要旨集】 第47回日本免疫学会学術集会  136  -  136  2018年12月

  • 酸化ストレス条件下のアストロサイトにおけるセレノプロテイン遺伝子発現量に関する研究

    日本薬学会近畿支部総会・大会  兵庫・姫路市  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年10月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会近畿支部総会・大会  36  -  36  2018年10月

全件表示 >>