川崎 勝己 (カワサキ カツミ)

KAWASAKI Katsumi

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会
  • 日本農芸化学会
  • アメリカ細胞生物学会
  • The American Society for Cell Biology

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝・染色体動態

  • 分子生物学

  • 生物系薬学

  • 分子生物学 (生化学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Eucaryotic genetic recombination

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST) 

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:1999年  -  2003年

  • 真核生物相同的組換えに関する研究

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST) 

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:1999年  -  2003年

    キーワード:真核生物、相同的組換え

  • genome stability

    その他の研究制度 

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:1980年  -  2017年

  • ゲノム安定性維持に関する研究

    研究期間:

  • ゲノム安定性維持に関する研究

    その他の研究制度 

    研究区分:個人研究 

    研究期間:

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ショウジョウバエにおけるゲノムストレス応答機構の研究

    川崎 勝己

    放射線生物研究センター年報 ( 2016 ) 12   2016年

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Drosophila RecQ5 is involved in proper progression of early spermatogenesis.

    Sakurai H, Takai S,

    Biochem Biophys Res Commun.452 ( 4 ) 1071 - 7   2014年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Response for DNA damage in Drosophila malanogaster

    川崎 勝己

    京都大学放射線センター年報   31 - 32   2014年06月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 個体におけるゲノムストレスとゲノム安定性維持機構

    川崎 勝己

    シンポジウム「DNAダイナミクス」と遺伝情報の維持機構   2014年03月

    単著

    研究論文(その他学術会議資料等)

  • RecQ5 Protein Translocation into the Nucleus by a Nuclear Localization Signal

    桜井 晴奈

    Biol Pharm Bull.36 ( 7 ) 1159 - 66   2013年07月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生命現象の基礎

    市川厚  (担当部分:p16-p21)  単行本(学術書)  共著

    東京化学同人  2015年03月

  • 生命現象の基礎

    市川厚  (担当部分:p16-p21)  単行本(学術書)  共著

    東京化学同人  2015年03月

  • 薬学用語集

    編集:日本薬学会 共著者:川崎勝己、中室克彦、 他219人  (担当部分:比活性、受容体、リガンド、酵素型受容体,イオンチャネル型受容体、Gタンパク質共役型受容体、三量体Gタンパク質、7回膜貫通型受容体、セカンドメッセンジャー、トランスフェリン、セルロプラスミン、他24項目)  単行本(学術書)  共著

    東京化学同人  2012年03月

  • 生物系薬学IV 演習編、スタンダード薬学シリーズ4

    日本薬学会編 伊藤文昭、川崎勝己、榎本武美、市川厚、 小林静子 他60人  (担当部分:第II部「生命活動と担うタンパク質」第12章「酵素以外の機能タンパク質」演習12・24 細胞骨格)  単行本(学術書)  共著

    東京化学同人  2011年06月

  • 生命をミクロに理解する

    川崎 勝己  (担当部分:細胞骨格)  単行本(学術書)  単著

    東京化学同人  2010年12月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ショウジョウバエを用いたRecQ5の機能解析 

    桜井晴奈

    京都大学放射線生物研究センター年報  ( 京都大学放射線生物研究センター  )   2009年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)  共著

  • 川崎勝己、生命をミクロに理解する、「細胞骨格」

    川崎 勝己

    生物系薬学、スタンダード薬学シリーズ、東京化学同人、印刷中    2004年

    その他記事 

  • 川崎勝己、農芸化学の事典、「DNAの構造と機能」

    川崎 勝己

    朝倉書店    2003年

    その他記事 

  • 川崎勝己、農芸化学の事典、「組換え」

    川崎 勝己

    朝倉書店    2003年

    その他記事 

  • 川崎勝己,李志軍,柴田武彦、「試験管内での核再構成」

    川崎 勝己

    実験医学   13, 114-119  1995年

    その他記事 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 生殖細胞におけるRecQ5について

    日本薬学会第137回年会  国内会議  ポスター(一般) 

    2017年03月
     
     

  • 生殖細胞におけるRecQ5のDNAヘリカーゼ機能について

      神戸  ポスター(一般) 

    2015年12月
     
     

    【発表要旨集】 BMB2015  2015年12月

  • ショウジョウバエDNAヘリカーゼRecQ5の発現制御機構

    日本分子生物学会&第88回日本生化学会大会合同年会  神戸  ポスター(一般) 

    2015年12月
     
     

    【発表要旨集】 BMB2015

  • 雄性生殖細胞におけるRecQ5の役割

      横浜  ポスター(一般) 

    2014年11月
     
     

    【発表要旨集】 第37回日本分子生物学会年会

  • ショウショウバエ精巣におけるRecQ5の発現と機能

    日本生化学会  ポスター(一般) 

    2014年10月
     
     

    【発表要旨集】 第87回日本生化学会大会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生殖幹細胞における放射線・化学物質に対するゲノム安定性分子機構の解明

    研究期間:2014年04月  -  2017年03月