有馬 善一 (アリマ ゼンイチ)

ARIMA Zenichi

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学部  哲学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  文学研究科  哲学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  文学士

  • 京都大学 -  文学修士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本現象学会
  • 日本哲学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 哲学・倫理学 (現象学、環境倫理学)

  • 哲学・倫理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • -

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2000年

  • ハイデガー哲学の現象学的研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:

    キーワード:ハイデガー、現象学

論文 【 表示 / 非表示

  • 『存在と時間』における時間性と自己の問題について(3)

    有馬善一

    摂大人文科学 ( 第25 ) 31 - 49   2018年01月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • 『存在と時間』における時間性と自己の問題について (2)

    有馬 善一

    摂大人文科学 ( 24 ) 91 - 105   2017年01月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 『存在と時間』における時間性と自己の問題について(1)

    有馬 善一

    経営情報研究第21巻 ( 第2号 ) pp.61-73   2014年02月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • ハイデガーにおける存在の問いの再検証

    有馬 善一

    経営情報研究――摂南大学経営学部論集――19 ( 2 ) 93 - 107   2012年02月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 芸術と世界――ハイデガーの芸術論への一考察

    有馬 善一

    経営情報研究 ――摂南大学経営情報学部論集――18 ( 2 ) 93 - 106   2011年02月

    単著

    研究論文(大学,研究機関紀要)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『哲学は何を問うべきか』

    有馬 善一  (担当部分:「世界の知??理念・地平・開け」)  単行本(学術書)  共著

    晃洋書房  2005年10月

  • ハイデッガーと実践哲学

    有馬 善一  (担当部分:ハイデッガーと神学)  単行本(学術書)  共訳

    法政大学出版局  2001年02月

  • 「人間にとっての環境」

    有馬 善一  単行本(学術書)  その他

    竹市明弘・植田和弘・片山幸士編『人間環境の創造 持続可能な文明のために』勁草書房  1999年07月

  • 「現代文明の隘路」

    有馬 善一  単行本(学術書)  その他

    竹市明弘・植田和弘・片山幸士編『人間環境の創造 持続可能な文明のために』勁草書房  1999年07月

  • 現象学の最前線 ――古代ギリシア哲学・政治・世界と文化――

    有馬 善一  (担当部分:Ⅴ 脱政治化による幸福実現は可能であるか ――メノイケウス宛エピクロスの書簡)  単行本(学術書)  共訳

    晃洋書房  1994年05月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ3 「ユンガーとニヒリズム」 「ハイデガーとニヒリズムの問題」

      名古屋大学  口頭(一般) 

    2013年11月
     
     

  • 『存在と時間』における存在の意味について

      京大会館   口頭(一般) 

    2006年11月
     
     

  • ハイデガーの思惟における人間と存在の関わりの変遷について

    日本哲学会第58回大会  口頭(一般) 

    1999年05月
     
     

  • ハイデガーの世界概念の再検討と現象学の可能性

    日本現象学会第19回大会  口頭(一般) 

    1997年11月
     
     

  • ハイデガーの存在論における〈基礎づけ〉の問題

    関西哲学会第50回大会  口頭(一般) 

    1997年10月
     
     

全件表示 >>