片岡 誠 (カタオカ マコト)

KATAOKA Makoto

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/~p-pharm/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬物動態学会
  • 日本薬剤学会
  • 日本薬学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学 (生物薬剤学)

  • 生物系薬学 (生物薬剤学、 薬物動態学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • PETを用いた薬物体内動態研究

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:2008年

    キーワード:PET、分子イメージング

  • 薬物の体内動態の解析

    研究期間:

  • 薬物の経口吸収性評価

    研究区分:機関内共同研究 

    研究期間:

    キーワード:経口吸収,薬物

  • 薬物の消化管吸収性の予測

    研究期間:

    キーワード:溶解性、膜透過性

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of the complicated nonlinear pharmacokinetics of orally administered telmisartan in rats using a stable isotope-IV method

    Minami K, Higashino H, Kataoka M, Togashi K, Mutaguchi K, Yamashita S

    J Pharm Sci   2019年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • In vitro assessment of supersaturation/precipitation and biological membrane permeation of poorly water-soluble drugs: a case study with albendazole and ketoconazole

    Kataoka M, Takeyama S, Minami K, Higashino H, Kakimi K, Fujii Y, Takahashi M, Yamashita S

    J Pharm Sci   2019年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of an in vitro dissolution/permeation system to early screening of oral formulations of poorly soluble, weakly basic drugs containing an acidic pH-modifier

    Mizoguchi M, Kataoka M, Yokoyama K, Aihara R, Wada K, Yamashita S

    J Pharm Sci107 ( 9 ) 2404 - 2410   2018年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Dodecylmaltoside Modulates Bicellular Tight Junction Contacts To Promote Enhanced Permeability.

    Gradauer K, Iida M, Watari A, Kataoka M, Yamashita S, Kondoh M, Buckley ST.

    Mol Pharm14 ( 12 ) 4734 - 4740   2017年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of pharmacokinetics of newly discovered aromatase inhibitors by a cassette microdosing approach in healthy Japanese subjects.

    Kusuhara H, Takashima T, Fujii H, Takashima T, Tanaka M, Ishii A, Tazawa S, Takahashi K, Takahashi K, Tokai H, Yano T, Kataoka M, Inano A, Yoshida S, Hosoya T, Sugiyama Y, Yamashita S, Hojo T, Watanabe Y.

    Drug Metab Pharmacokinet32 ( 6 ) 293 - 300   2017年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 前臨床/臨床医薬品開発の展望と戦略

    片岡 誠、他  (担当部分:第3章経口製剤研究の最前線 4前臨床開発におけるD/Pシステムの活用と最適化)  単行本(学術書)  共著

    じほう  2018年06月

  • 難水溶性薬物の経口製剤化技術最前線

    片岡 誠  (担当部分:第1章難水溶性薬物の経口製剤化戦略3難水溶性薬物の吸収性予測)  単行本(学術書)  共著

    シーエムシー出版  2016年07月

  • 難吸収性薬物の吸収性改善と新規投与製剤の開発

    片岡 誠、山下 伸二  (担当部分:薬物の溶解性・吸収性の評価ならびに難水溶性・難吸収性消化管吸収性の改善)  単行本(学術書)  共著

    シーエムシー出版  2012年04月

  • 薬物の消化管吸収予測研究の最前線

    片岡 誠  (担当部分:第2章Ex vivoによるBA予測 2.In vitroデータからの吸収性予測 1)Caco-2細胞の利用)  単行本(学術書)  共著

    シーエムシー出版  2010年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 経口製剤開発のためのヒト経口吸収性評価システム

    片岡誠

    Drug Metabolism and Pharmacokinetics    2013年12月

    総説・解説(学術雑誌)  単著

  • D/Pシステムを用いた経口吸収性評価に基づく効率的な製剤設計

    山下伸二

    ファルマシア (   )  15 ( 12 ) 1207 - 1212  2009年12月

    その他記事  共著

  • 学会印象記

    片岡 誠

    DDS    22 ( 4 )  2007年07月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ヒト消化管内吸収挙動を反映したin vitroシステム:経口投与製剤からの薬物吸収性評価

    日本薬学会第139年会  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 

    2019年03月
     
     

  • Dissolution/permeation systemを用いた脂質分散および固体分散体製剤のBE評価

    第8回日本薬剤学会経口吸収FG合宿討論会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年10月
     
     

  • Contribution of intestinal and hepatic metabolism on systemic exposure of the metabolite of orally dosed verapamil: Quantitative analysis using stable isotope-labeled compound

    第33回日本薬物動態学会/第22回MDOシンポジウム合同国際学会  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年10月
     
     

  • Functional evaluation of mucoadhesive liposome aiming oral delivery of peptide drugs

    Globalization of Pharmaceutics Education Network 2018  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

  • ペプチド医薬品の経口デリバリーを目的とした消化管滞留性リポソームの機能性評価

    創剤フォーラム第24回若手研究会  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬剤学会奨励賞

    日本薬剤学会  その他の賞 

    受賞国:その他

  • 平成23年度日本薬学会近畿支部奨励賞

      その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 第24回日本DDS学会学術集会ベストポスター賞

    第24回日本DDS学会学術集会  その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本薬剤学会第18年会最優秀発表者賞

    日本薬剤学会第18年会  その他の賞 

    受賞国:日本国