中谷 尊史 (ナカタニ タカフミ)

NAKATANI Takafumi

写真a

職名

講師

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  薬学士

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生薬学会
  • 有機合成化学協会
  • Pharmaceutical Society of Japane
  • The Japanese Society of Pharmacognosy
  • The Society of Synthetic Organic Chemistry,Japan

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学 (無脊椎動物、動物生薬、医薬素材(生理活性化合物))

  • 化学系薬学 (天然薬物構造化学、天然物化学、 機器分析学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 天然物(昆虫生薬)より医薬シーズの探索

    研究期間:

  • 無脊椎動物由来の生薬からの医薬素材の探索

    研究区分:個人研究 

    研究期間:

    キーワード:無脊椎動物,動物生薬,医薬素材

  • Search for biological active compounds of animal crude drugs originated from invertebrates.

    研究区分:個人研究 

    研究期間:

  • ミツバチ社会のカスト制制御機構の解明

    研究期間:

論文 【 表示 / 非表示

  • 長期実務実習終了学生に対する臨床能力試験の実施による実習成果の実証

    小森 浩二, 片岡 誠, 倉本 展行, 辻 琢己, 中谷 尊史, 安原 智久, 三田村しのぶ, 塙 由美子, 荻田 喜代一

    薬学雑誌136 ( 9 ) 1275 - 1284   2016年

    共著

    試験の企画および実施、データ整理など(p.1281 fig.5, p. 1282 fig.6)

    研究論文(学術雑誌)

  • ミツバチ(Apis mellifera)のローヤルゼリー由来のヒドロキシ脂肪酸の絶対配置

    Tetsuya Kodai, Naoki Noda.

    Lipids46   263 - 270   2011年03月

    共著

  • Compositions of Royal Jelly・スU.Organic Acid Glycosides and Sterol of the Royal Jelly of Honeybees(Apis mellifera)

    小鯛哲也、梅林一恵、石山薫、野田直規 

    Chem.Pharm.Bull.55 ( 10 ) 1528 - 1531   2007年08月

    共著

  • Cantharimide Dimers from the Chinese Blister Beetle,Mylabris phalerata PALLAS.

    神保克明,野田直規 

    Chem.Pharm.Bull.55 ( 1 ) 92 - 94   2007年01月

    共著

  • Cantharimide Dimers from the Chinese Blister Beetle,Mylabris phalerata PALLAS

    Takafumi Nakatani,Katsuaki Jinpo,Naoki Noda

    Chemical & Pharmaceutical Bulletin55 ( 1 ) 92 - 94   2007年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 昆虫生薬を対象とした医薬素材の探索竏茶Wコギュウ、コクバギおよびハンミョウの含窒素化合物について竏?

    中谷 尊史

    ( 摂南大学大学院 )   2007年09月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 生薬「ジュウヤク」に含まれるタバコシバンムシ誘引物質の探索

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第139年会要旨集2  138  -  138  2019年

  • グリア細胞株由来神経栄養因子GDNFの発現を誘導する生薬オンジ成分の探索

    日本薬学会第139年会  千葉  国内会議  ポスター(一般) 

    2019年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第139年会要旨集2  131  -  131  2019年

  • 動物生薬を対象とした医薬素材の探索―生薬「全蠍」の成分研究ー

    日本生薬学会第65回年会(広島)  広島  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第65回年会(広島)講演要旨集  151  -  151  2018年08月

  • 昆虫生薬「九香虫」の成分研究(5)ーモノアシルグリセロールとその絶対配置についてー

    日本薬学会第138年会  金沢  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第138年会講演要旨集  167  -  167  2018年03月

  • キンリョウヘン Cymbidium floribundum にミツバチ関連化合物 10-hydroxy-2E-decenoic acid (10-HDA) が含まれているのか?

    第62回日本応用動物昆虫学会大会  鹿児島大学郡元キャンパス  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年03月
     
     

    【発表要旨集】 第62回 日本応用動物昆虫学会大会 講演要旨集  184  -  184  2018年03月

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • New decenoic acid derivatives

    特許:JP2005306848

    中谷 尊史

    出願国:日本国 

  • Preparation of fused imidazopyridines as antiulcer drugs

    特許:WO9633195

    中谷 尊史

    出願国:日本国 

  • 新規デセン酸誘導体

    特許:JP2005306848

    中谷 尊史

    出願国:日本国 

  • 縮合イミダゾ[1,2-a]ピリジン類

    特許:WO9633195

    中谷 尊史

    出願国:日本国