木村 朋紀 (キムラ トモキ)

KIMURA Tomoki

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  薬学研究科  応用医療薬科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  薬学士

  • 大阪大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本毒性学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本薬学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学 (亜鉛、重金属、遺伝子発現調節)

  • 環境・衛生系薬学

  • 生物系薬学

  • 分子生物学 (毒性学、 放射線生物学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 転写因子MTF-1を介した重金属依存的転写活性化機構の解明

    研究期間:

  • 重金属毒性発現機構および重金属耐性獲得機構の解析

    研究期間:

  • 亜鉛による生体機能維持システムの解析

    研究期間:

  • 転写因子MTF-1を介したストレス防御機構の解析

    研究期間:

  • 重金属(特に亜鉛およびカドミウム)による遺伝子発現調節機構の解析

    研究期間:

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Metal-mediated Epigenetic Regulation of Gene Expression

    木村 朋紀

    薬学雑誌137 ( 3 ) 273 - 279   2017年03月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

  • Ligand Activity of Group 15 Compounds Possessing Triphenyl Substituent for the RXR and PPARγ Nuclear Receptors

    Hiromori Y, Ido A, Aoki A, Kimura T, Nagase H, Nakanishi T.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin39 ( 10 ) 1 - 8   2016年10月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Male Hypogonadism Causes Obesity Associated with Impairment of Hepatic Gluconeogenesis in Mice

    Aoki A1, Fujitani K, Takagi K, Kimura T, Nagase H, Nakanishi T.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin39 ( 4 ) 587 - 592   2016年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Induction of metallothionein isoforms by copper diethyldithiocarbamate in cultured vascular endothelial cells

    Tomoya Fujie, Yukino Segawa, Eiko Yoshida, Tomoki Kimura, Yasuyuki Fujiwara, Chika Yamamoto, Masahiko Satoh, Hiroshi Naka, Toshiyuki Kaji

    The Journal of Toxicological Sciences 41 ( 2 ) 225 - 232   2016年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Zinc diethyldithiocarbamate as an inducer of metallothionein in cultured vascular endothelial cells

    Tomoya Fujie, Yukino Segawa, Akane Uehara, Takehiro Nakamura, Tomoki Kimura, Eiko Yoshida, Chika Yamamoto, Masanobu Uchiyama, Hiroshi Naka, Toshiyuki Kaji

    The Journal of Toxicological Sciences41 ( 2 ) 225 - 232   2016年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 毒性の科学 分子・細胞から人間集団まで

    木村 朋紀  (担当部分:MTF1とメタロチオネインの役割)  単行本(学術書)  共著

    東京大学出版社  2014年02月

  • Metallothionein IV

    Itoh N et al.  (担当部分:Synergistic activation of mouse metallothionein-I gene by interleukin-6 and glucocorticoid)  単行本(学術書)  共著

    Birkhauser Vertag  1999年01月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 放射線の健康影響について

     

    環境・衛生部会ホームページ トピックス欄 ( 日本薬学会 )   2009年12月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • DNA脱メチル化剤処理P1798細胞でのカドミウムによるMT誘導の単一細胞解析

    日本薬学会第137年会  仙台国際センター・東北大学河内地区  国内会議  口頭(一般) 

    2017年03月
     
     

  • リンパ肉腫細胞P1798のメタロチオネイン発現に対する長期低濃度カドミウムおよび亜鉛曝露の影響とその役割

    フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー  昭和大学 旗の台キャンパス  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年09月
     
     

  • リンパ肉腫細胞P1798におけるカドミウム長期曝露による メタロチオネイン誘導能の変化とその役割

    第43回日本毒性学会学術年会  ウインクあいち  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年06月
    -
    2016年07月

  • 金属曝露がもたらすエピジェネティックな変化とその分子機構

    日本薬学会第136年会  横浜  口頭(一般) 

    2016年03月
     
     

  • Bis(L-cysteinate)zincate(II) as a coordination compound that induces metallothionein gene transcription without inducing cell-stress-related gene transcription

    フォーラム2015:衛生薬学・環境トキシコロジー  神戸学院大学  口頭(一般) 

    2015年09月
     
     

    【発表要旨集】 フォーラム2015:衛生薬学・環境トキシコロジー

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本毒性学会 奨励賞

    第39回日本毒性学会学術年会  その他の賞 

    受賞国:日本国

  • 日本薬学会環境・衛生部会賞

    フォーラム2009:衛生薬学・環境トキシコロジー  その他の賞 

    受賞国:日本国

  • メタロチオネイン研究奨励賞

    メタロチオネイン研究会  その他の賞 

    受賞国:日本国