居場 嘉教 (イバ ヨシノリ)

IBA Yoshinori

写真a

職名

講師

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪薬科大学  薬学部  製薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  自然科学研究科  生体調節科学専攻  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪薬科大学 -  薬学士

  • 岡山大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学

  • 薬理学一般 (病態生理学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 肺癌の早期発見を目的としたバイオマーカー検索

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

    キーワード:バイオマーカー

  • 糖尿病における炎症増悪機構について

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2008年

  • 糖尿病性腎症の発症メカニズム

    研究期間:

論文 【 表示 / 非表示

  • Oral Administration of Collagen Hydrolysates Improves Glucose Tolerance in Normal Mice Through GLP-1-Dependent and GLP-1-Independent Mechanisms.

    Iba Yoshinori, Yokoi Koji, Eitoku Itsuka, Goto Masaki, Koizumi Seiko, Sugihara Fumihito, Oyama Hiroshi, and Yoshimoto Tadashi.

    Journal of Medicinal Food19 ( 9 ) 836 - 843   2016年09月

    共著

    全般

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Altered gene expression profiles associated with enhanced skin inflammation induced by 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate in streptozotocin-diabetic mice.化

    居場嘉教

    Int Immunopharmacol.15 ( 3 ) 614 - 9   2013年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Involvement of mast cells in the regulation of matrix metalloproteinase-9 and tissue inhibitor of metalloproteases-1 in 12-O-tetradecanoylphorbol acetate-induced inflammation in mice.

    白井麻衣子、出井千秋、平田貴宏、原田千加、益川徹 

    International Immunopharmacology7 ( 5 ) 597 - 603   2007年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Possible involvement of mast cells in collagen remodeling in the late phase of cutaneous wound healing in mice

    居場 嘉教

    International Immunopharmacol4 ( 1 ) 1873 - 1880   2004年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Pruritus-associated response mediated by cutaneous histamine H3 receptors.

    居場 嘉教

    Clinical & Experimental Allergy34 ( 3 ) 456 - 459   2004年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病性腎症におけるMCP-1の関与-創薬標的としての可能性

       (担当部分: )  単行本(学術書)  共著

    日薬理誌  2009年07月

    【原書情報】  

  • ラット潰瘍性大腸炎モデルにおける肥満細胞(共著)

    居場 嘉教  単行本(学術書)  共著

    肥満細胞の臨床 Clinic on Mast Cells/最先医学社 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病による炎症増悪機構におけるmiRNAの関与について

    第128回日本薬理学会近畿部会  大阪・千里ライフサイエンスセンター  口頭(一般) 

    2015年11月
     
     

  • 糖尿病による炎症増悪機構におけるmiRNAの関与について

    第34回生体と金属・化学物質に関する研究会  滋賀県大津市・木もれび  口頭(一般) 

    2015年08月
     
     

  • コラーゲンペプチドの糖尿病予防サプリメントとしての可能性

    第68回日本栄養・食糧学会大会  江別市・酪農学園大学  口頭(一般) 

    2014年06月
     
     

    【発表要旨集】 第68回日本栄養・食糧学会大会 講演要旨集

  • コラーゲンペプチドによる血糖値上昇抑制作用におけるインクレチンの関与

    第68回日本栄養・食糧学会大会  酪農学園大学・江別市  口頭(一般) 

    2014年06月
     
     

    【発表要旨集】 第68回日本栄養・食糧学会大会 講演要旨集

  • コラーゲンペプチドによる血糖値上昇抑制の作用メカニズムの解明

    日本薬学会第134年会  熊本  ポスター(一般) 

    2014年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第134年会要旨集  156  -  156  2014年03月

全件表示 >>