船越 英資 (フナコシ エイシ)

FUNAKOSHI Eishi

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学  薬学部  生物薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都薬科大学 -  薬学士

  • 京都大学 -  博士(薬学)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学 (生化学、 分子生物学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ダウン症の発症メカニズムの解明と新規治療薬の開発に関する研究

    研究期間:

  • 細胞内タンパク質輸送の制御機構に関する研究

    研究期間:

論文 【 表示 / 非表示

  • 上皮組織におけるGolsyn/Syntabulinの発現分布とその機能

    小田亮介、船越英資、清水信義、伊藤文昭(他2名)

    J Epithel Biol Pharmacol   49 - 60   2010年07月

    共著

  • Growth stimulation of non竏窒唐高≠撃戟@cell lung cancer cell lines by antibody against epidermal growth factor receptor promoting formation of ErbB2/ErbB3 heterodimers.

    前川万里、船越英資、伊藤文昭(他4名)

    Molecular Cancer Research5   393 - 401   2007年04月

    共著

  • The DYRKlA gene,encoded in chromosome 21 Down syndrome critical region,bridges between β竏窒≠高凾撃盾奄п@production and tau phosphorylation in Alzheimer disease (R)

    Kimura R.,Kamino K.,Yamamoto M.,Nuripa A.,Kida T.,

    Human Molecular Genetics 16   15 - 23   2007年01月

    共著

  • マウス脳の成熟過程におけるm-Golsyn/Syntabulinの発現分布

    船越英資、荻田喜代一、清水信義、伊藤文昭(他5名)

    Neurosci Lett403   244 - 249   2006年08月

    共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ダウン症原因遺伝子MNB/DYRK1Aを発現誘導できる細胞株の構築と機能解析

    日本薬学会第134年会  熊本市  ポスター(一般) 

    2014年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第134年会 要旨集3  132  -  132  2014年03月

  • ダウン症原因遺伝子MNB/DYRK1Aの神経突起伸長促進作用とその機構の解析

    第61回日本薬学会近畿支部総会・大会  神戸・神戸学院大学  口頭(一般) 

    2011年10月
     
     

    【発表要旨集】 第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 プログラム集  34  -  34

  • 小胞輸送関連タンパク質GOLSYNの上皮系細胞における細胞内局在の解析

    日本薬学会第131年会  静岡・ツインメッセ静岡  口頭(一般) 

    2011年03月
     
     

    【発表要旨集】 日本薬学会第131年会 要旨集3  148  -  148  2011年02月

  • 小胞輸送関連タンパク質GOLSYNの細胞内分布の解析

    第60回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪・摂南大学  口頭(一般) 

    2010年10月
     
     

    【発表要旨集】 第60回日本薬学会近畿支部総会・大会プログラム  10  -  10

  • 神経細胞分化におけるダウン症原因遺伝子MNB/DYRK1Aの機能解析

    第60回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪・摂南大学  口頭(一般) 

    2010年10月
     
     

    【発表要旨集】 第60回日本薬学会近畿支部総会・大会プログラム  20  -  20  2010年10月

全件表示 >>