中尾 晃幸 (ナカオ テルユキ)

NAKAO Teruyuki

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  学士(薬学)

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 日本環境化学会
  • 環境ホルモン学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境影響評価 (環境科学)

  • グリーン・環境化学 (環境化学、食品衛生学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 心疾患等を誘発するall-trans、cis-trans混合型リノール酸およびα-リノレン酸の合成を基礎とした、食品中の上記脂肪酸レベルの高精度分析並びにその健康影響評価

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

    キーワード:トランス脂肪酸

  • 性ホルモンモニタリングを基礎とした現実のPOPs汚染レベルにおける環境医学的研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

    キーワード:POPs、性ホルモン、内分泌攪乱

  • ダイオキシン類、多環芳香族炭化水素

    研究期間:

  • 高毒性環境汚染物質による汚染実態の究明

    研究期間:

  • (BLANK)

    研究区分:機関内共同研究 

    研究期間:

    キーワード:ダイオキシン,影響評価

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の母乳中に検出された脱臭素化テトラブロモビスフェノールAによる3T3-L1細胞の脂肪細胞分化亢進作用

    秋山恵麻、角谷秀樹、中尾晃幸、太田壮一

    Environmental Research140   157 - 164   2015年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • 自己研鑽・参加型キャリア形成教育プログラム:「薬系インターンシップ・ボランティア体験学習」とその効果

    栗尾和佐子、中尾晃幸他

    医療薬学38 ( 12 ) 757 - 766   2012年09月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Determination of coplanar polybrominated/ chlorinated biphenyls (Co-PXBs) in thirty-eight mother’s milk of Japan and estimantion of their contamination sources(R)

    太田壮一、青笹治、秋山恵麻、角谷秀樹、M,Alaee

    Organohalogen compounds   2388 - 2393   2009年08月

    共著

  • Newly contamination by dioxin related compounds including coplanar polybrominated/chlorinated biphenyls observed in sediments of western Japan(R) 

    青笹治、角谷秀樹、秋山恵麻、太田壮一 

    Organohalogen compounds   1674 - 1679   2009年08月

    共著

  • 保存さい帯(へその緒)を利用した油症被害者のPCB汚染評価に関する検討(R)

    宮田秀明、青笹治、太田壮一

    福岡医学雑誌    183 - 191   2009年05月

    共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 生体バリア機能破綻作用を有する健康有害物質の探索とその作用機序の解明

    第66回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年10月
     
     

  • 食品中に含まれるそのトランス型及びシス-トランス混在型脂肪酸の高精度分析法の構築

    第66回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年10月
     
     

  • テトラブロモビスフェノールAを投与したC57BL/6マウスの代謝、排泄およびその仔への母乳を介した移行に関する検討

    第66回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年10月
     
     

  • ダイオキシンの経口・経鼻曝露の差異による抗原特異的な抗体産生能への影響

    第66回日本薬学会近畿支部総会・大会  大阪  国内会議  ポスター(一般) 

    2016年10月
     
     

  • Cytochrome P450 inductivity of coplanar polybrominated and/or chlorinated biphenyls (Co-PXBs)

    The 9th International PCB Workshop  Hyogo  国際会議  ポスター(一般) 

    2016年10月
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • アルミナの水分含量判定方法及びこれに用いた試薬特許出願公開番号:特開2001-13124(P2001-13124A)

    特許:*

    中尾 晃幸

    出願国:日本国