中尾 晃幸 (ナカオ テルユキ)

NAKAO Teruyuki

写真a

職名

准教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学部  衛生薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 摂南大学 -  学士(薬学)

  • 摂南大学 -  博士(薬学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会
  • 日本環境化学会
  • 環境ホルモン学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境影響評価 (環境科学)

  • グリーン・環境化学 (環境化学、食品衛生学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 心疾患等を誘発するall-trans、cis-trans混合型リノール酸およびα-リノレン酸の合成を基礎とした、食品中の上記脂肪酸レベルの高精度分析並びにその健康影響評価

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

    キーワード:トランス脂肪酸

  • 性ホルモンモニタリングを基礎とした現実のPOPs汚染レベルにおける環境医学的研究

    研究区分:個人研究 

    研究期間:2011年

    キーワード:POPs、性ホルモン、内分泌攪乱

  • ダイオキシン類、多環芳香族炭化水素

    研究期間:

  • 高毒性環境汚染物質による汚染実態の究明

    研究期間:

  • (BLANK)

    研究区分:機関内共同研究 

    研究期間:

    キーワード:ダイオキシン,影響評価

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 移民・難民問題に触れて ~長期海外出張(カナダ)での体験談~

    中尾 晃幸

    摂南大学「地域と結びついた『異文化間相互理解と不寛容除去』の研究プロジェクト   2020年

    単著

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 薬毒物代謝酵素と環境汚染物質の代謝活性化

    中尾 晃幸

    廃棄物資源循環学会誌30 ( 3 ) 186 - 193   2019年05月

    単著

    研究論文(学術雑誌)

    DOI

  • Complex toxicity as disruption of adipocyte or osteoblast differentiation in human mesenchymal stem cells under the mixed condition of TBBPA and TCDD

    Hideki Kakutani, Tomohiro Yuzuriha, Ema Akiyama, Teruyuki Nakao, Souichi Ohta

    Toxicology Reports5   737 - 743   2018年06月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Prooerty of cytochrome P450 1A inducibility by polychlorinated/brominated biphenyls (Co-PXBs) detected in Japanese breast milk

    Kakutani, H., Aozasa, O., Akiyama, E., Nakao, T., Ohta S.

    Toxicology Reports2   685 - 691   2015年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • 日本の母乳中に検出された脱臭素化テトラブロモビスフェノールAによる3T3-L1細胞の脂肪細胞分化亢進作用

    秋山恵麻、角谷秀樹、中尾晃幸、太田壮一

    Environmental Research140   157 - 164   2015年04月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Investigation of glucose and lipid metabolism disruption by organophosphorus flame retardants in human hepatoma cells

    39th International symposium on halogenated persistent organic pollutants  京都,日本  国際会議  ポスター(一般) 

    2019年08月
     
     

  • Assessment of human exposure to organophosphorus flame retardants (OPFRs) in Japan

    39th International symposium on halogenated persistent organic pollutants  京都,日本  国際会議  ポスター(一般) 

    2019年08月
     
     

  • TCDD facilitates the antigen-apecific immunoglobulin production under oral or nasal administration

    39th International symposium on halogenated persistent organic pollutants  京都,日本  国際会議  ポスター(一般) 

    2019年08月
     
     

  • Aryl hydrocarbon R plays an important role in Caco-2 cells exposed with TCDD

    39th International symposium on halogenated persistent organic pollutants  京都,日本  国際会議  ポスター(一般) 

    2019年08月
     
     

  • ダイオキシン類が有する生体バリア破綻作用における芳香族炭化水素受容体の重要性

    第28回環境化学討論会  埼玉県  国内会議  口頭(一般) 

    2019年06月
     
     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • アルミナの水分含量判定方法及びこれに用いた試薬特許出願公開番号:特開2001-13124(P2001-13124A)

    特許:*

    中尾 晃幸

    出願国:日本国