尾崎 清和 (オザキ キヨカズ)

OZAKI Kiyokazu

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

病理、毒性病理、獣医病理

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  農学部  獣医学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山口大学  農学研究科  獣医学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 山口大学 -  農学士

  • 山口大学 -  農学修士

  • 山口大学 -  博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本毒性病理学会
  • 日本獣医学会
  • 日本病理学会
  • 日本癌学会
  • 日本糖尿病学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学 (獣医病理学,毒性病理学,疾患モデル動物の形態学)

  • 実験病理学 (発癌)

  • 獣医学 (病理学、 毒性病理学、 実験病理学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 動物の腫瘍に関する形態学的および分子生物学的研究

    研究期間:

  • 炎症性発癌モデル動物の開発

    研究期間:

    キーワード:慢性炎症、発癌

  • 疾患モデル動物に関する病理組織学的研究

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:

    キーワード:疾患モデル,病理組織学

  • 糖尿病モデル動物を用いた末梢神経症に関する研究

    研究期間:

  • 伴侶動物の腫瘍の組織学的分類とその予後に関する研究

    研究期間:

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Suspected lily toxicosis in a meerkat (Suricata suricatta): a case report.

    Ozaki K, Hirabayashi M, Nomura K, and Narama I.

    J Vet Med Sci.80 ( 3 ) 485 - 487   2018年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Long-term Hyperglycemia Naturally Induces Dental Caries but Not Periodontal Disease in Type 1 and Type 2 Diabetic Rodents.

    Nakahara Y, Ozaki K, and Matsuura T.

    Diabetes.66   2868 - 2874   2017年11月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Changes in coumarin kinetics and subcellular localization of CYP2E1 contribute to bile duct damage and reduce hepatocellular damage after repeated administration of coumarin in rats.

    Tanaka Y, Fujii W, Hori H, Kitagawa Y, and Ozaki K.

    Toxicol Lett.280   99 - 105   2017年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Induction of Severe Chronic Hyperplastic Candidiasis in Rat by Opportunistic Infection of C. albicans through Combination of Diabetes and Intermittent Prednisolone Administration.

    Terayama Y, Matsuura T, and Ozaki K.

    Toxicol Pathol. 45   745 - 755   2017年08月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Malignant mast cell tumor of the thymus in an Royal College of Surgeons (RCS) rat

    Terayama, Y., Matsuura, T., Ozaki, K.

    J Toxicol Pathol   2017年01月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物病理カラーアトラス第2版

    尾崎清和  (担当部分:皮膚・軟部組織)  単行本(学術書)  編者

    日本獣医病理学専門家協会  2017年04月

  • 新毒性病理組織学

    尾崎清和  単行本(学術書)  分担執筆

    西村書店  2017年03月

  • 犬猫の皮膚まるまる検査2017

    尾崎清和  単行本(学術書)  分担執筆

    ファームプレス  2016年10月

  • 犬猫の皮膚まるまる検査2017

    尾崎清和  単行本(学術書)  分担執筆

    ファームプレス  2016年10月

  • 伴侶動物の眼科診療

    尾崎清和  単行本(学術書)  分担執筆

    緑書房  2016年04月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 眼の腫瘍における病理

    尾崎清和

    Companion animal practice   314   75 - 85  2015年08月

    その他記事  単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラットの胆管線維症

    第4回日本獣医専門家協会集会  国内会議  口頭(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 肥満および耐糖能異常を示す新規NASHモデルマウスでは、脂肪肝は肝線維化・腫瘍形成へと経時的に進行する

    第34回日本毒性病理学会総会  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 

    2018年01月
     
     

  • Analysis on retinal and choroidal vascular network in colobomatous eyes of dd mice

    2017 European Teratology Society Conference  国際会議  ポスター(一般) 

    2017年09月
     
     

  • Malignant mast cell tumor of the thymus in Royal College of Surgeons (RCS) rat

    15th European Congress of Toxicologic Pathology  国際会議  ポスター(一般) 

    2017年08月
    -
    2017年09月

  • イヌの混合型肝癌

    第84回関西毒性病理検討会  国内会議  ポスター(一般) 

    2017年07月
     
     

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Research on diabetic pheripheral neuropathy of WEN/kob rat

    その他 

    2000年
     
     

  • WBN/kobラットの糖尿病性神経症に関する研究

    その他 

    2000年
     
     

  • Research on inflammation of MRS infection in cat

    その他 

    1999年
     
     

  • ネコのMRS感染による炎症に関する研究

    その他 

    1999年
     
     

  • Research of pathology and prognosis of gastrointestinal mast cell tumor of Dog

    その他 

    1998年
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第33回日本毒性病理学会年会長賞最優秀賞

    日本毒性病理学会  国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 2007年度ヨーロッパ獣医病理学会 ポスター賞

    THE EUROPEAN OF SOCIETY OF VETERINARY PATHOLOGY(ESVP)  その他の賞 

    受賞国:その他