山下 伸二 (ヤマシタ シンジ)

YAMASHITA Shinji

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  薬学部  製薬科学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  薬学士

  • 京都大学 -  薬学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本医療薬学会
  • 日本薬学会
  • 日本薬剤学会
  • American Association of Pharmaceutical Scientists
  • 日本DDS学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (生物薬剤学、 薬物動態学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 薬物の消化管吸収性の予測

    研究期間:

  • 新しい薬物送達法の開発

    研究期間:

  • 薬物の体内動態の解析

    研究期間:

  • 薬物の消化管吸収に関する研究

    研究区分:国際共同研究 

    研究期間:

    キーワード:消化管,吸収,ペプチド

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of the complicated nonlinear pharmacokinetics of orally administered telmisartan in rats using a stable isotope-IV method

    Minami K, Higashino H, Kataoka M, Togashi K, Mutaguchi K, Yamashita S

    J Pharm Sci   2019年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • In vitro assessment of supersaturation/precipitation and biological membrane permeation of poorly water-soluble drugs: a case study with albendazole and ketoconazole

    Kataoka M, Takeyama S, Minami K, Higashino H, Kakimi K, Fujii Y, Takahashi M, Yamashita S

    J Pharm Sci   2019年03月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Application of an in vitro dissolution/permeation system to early screening of oral formulations of poorly soluble, weakly basic drugs containing an acidic pH-modifier

    Mizoguchi M, Kataoka M, Yokoyama K, Aihara R, Wada K, Yamashita S

    J Pharm Sci107 ( 9 ) 2404 - 2410   2018年05月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of Using Dogs to Predict Fraction of Oral Dose Absorbed in Humans for Poorly Water-Soluble Drugs

    Matsumura N, Yamaura Y, Katagi J, Ono S, Kim S, Yamashita S, Sugano K.

    J Pharm Sci   2018年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of human percutaneous absorption from in vitro and in vivo animal experiments.

    Yoshimatsu H, Ishii K, Konno Y, Satsukawa M, Yamashita S.

    International Journal of Pharmaceutics534   348 - 355   2017年12月

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 医薬ジャーナル増刊号 新薬展望2016

    山下 伸二  (担当部分:第一部 創薬と育薬 1章 創薬)  単行本(学術書)  単著

    医薬ジャーナル社  2016年01月

  • 薬剤学実験法 必携マニュアル

    稲野彰洋  (担当部分:臨床試験とマイクロドージング)  単行本(学術書)  共著

    南江堂  2014年04月

  • 薬剤学実験法 必携マニュアル

    山下 伸二  (担当部分:薬物吸収実験 BCS)  単行本(学術書)  単著

    南江堂  2014年04月

  • 薬物の消化管吸収予測研究の最前線 

    片岡誠   (担当部分: )  単行本(学術書)  共著

       2010年03月

    【原書情報】  

  • Biopharmaceutics Classification Systemに基づく製剤開発戦略

    高木敏英  (担当部分: )  単行本(学術書)  共著

    シーエムシー出版  2010年01月

    【原書情報】  

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • D/Pシステムを用いた経口吸収性評価に基づく効率的な製剤設計

    片岡誠 

    ファルマシア  (   )  15 ( 12 ) 1207 - 1212  2009年12月

    その他記事  共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • In vitro studies to predict oral drug absorption: what should we do over the coming decade?

    17th European Drug Absorption Network (EDAN) meeting  国際会議  口頭(基調) 

    2019年03月
     
     

  • From API to Drug Products : Think over the Role of PKPD in Oral Drug Development

    第33回日本薬物動態学会/第22回MDOシンポジウム合同国際学会  国際会議  口頭(招待・特別) 

    2018年10月
     
     

  • Contribution of intestinal and hepatic metabolism on systemic exposure of the metabolite of orally dosed verapamil: Quantitative analysis using stable isotope-labeled compound

    第33回日本薬物動態学会/第22回MDOシンポジウム合同国際学会  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年10月
     
     

  • Functional evaluation of mucoadhesive liposome aiming oral delivery of peptide drugs

    Globalization of Pharmaceutics Education Network 2018  国際会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

  • ペプチド医薬品の経口デリバリーを目的とした消化管滞留性リポソームの機能性評価

    創剤フォーラム第24回若手研究会  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年09月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Distinguished Science Award

    International Pharmaceutical Federation (FIP)  国内外の国際的学術賞 

    受賞国:アルゼンチン共和国

  • 産学官連携功労者表彰事業 経済産業大臣賞 

    内閣府  国内外の国際的学術賞 

    受賞国:日本国

  • 日本薬物動態学会 学会賞

    日本薬物動態学会  国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    受賞国:日本国

  • 平成4年度日本動態学会奨励賞

    日本薬物動態学会  その他の賞 

    受賞国:日本国