荻田 喜代一 (オギタ キヨカズ)

OGITA Kiyokazu

写真a

職名

教授

ホームページ

http://www.setsunan.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 近畿大学  薬学部  薬学科  卒業 

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  医学研究科  生理系専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 近畿大学 -  薬学士

  • 大阪市立大学 -  医学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会
  • 日本生化学会
  • 日本神経化学会
  • 日本薬学会
  • 日本神経精神薬理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療系薬学 (薬効解析学)

  • 神経化学・神経薬理学 (神経薬理学)

  • 生物系薬学 (薬理学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 聴覚障害メカニズムに関する研究

    研究期間:

    キーワード:音響外傷性聴覚障害、、酸化ストレス

  • 脳における神経細胞の死と再生に関する研究

    研究区分:国内共同研究 

    研究期間:

    キーワード:神経細胞死、神経新生、神経系幹細胞

論文 【 表示 / 非表示

  • Calpain inhibitor alleviates permanent hearing loss induced by intense noise by preventing disruption of gap junction-mediated intercellular communication in the cochlear spiral ligament.

    Taro Yamaguchi, Masanori Yoneyama, and Kiyokazu Ogita

    Eur. J. Pharmacol.803, 187-194.   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Alleviation by GABAB Receptors of Neurotoxicity Mediated by Mitochondrial Permeability Transition Pore in Cultured Murine Cortical Neurons Exposed to N-Methyl-D-aspartate.

    Kinjo T, Ashida Y, Higashi H, Sugimura S, Washida M, Niihara H, Ogita K, Yoneda Y, Kuramoto N.

    Neurochem Res.43(1), 70-79.   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Melatonin suppresses neuronal regeneration following neuronal degeneration in the hippocampal dentate gyrus.

    Masanori Yoneyama, Shigeru Hasebe, Taro Yamaguchi, Yusuke Onaka, Kiyokazu Ogita

    Global Drug and Therapeutics2(4), 1-4.   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Stress is irrelevant to the onset and exacerbation of sensorineural hearing loss: Evaluation using various types of stress models in mice.

    Taro Yamaguchi, Kiyokazu Ogita, Masanori Yoneyama, Yusuke Onaka

    Global Drug and Therapeutics2(5), 1-6.   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

  • Glycine transporter-1 regulates the proliferation of neural stem/progenitor cells derived from the embryonic mouse hippocampus.

    Masanori Yoneyama, Kiyokazu Ogita, Taro Yamaguchi and Yusuke Onaka

    Global Drug and Therapeutics2(5), 1-5.   2017年

    共著

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 図説 薬理学

    鍋島俊隆他  (担当部分:皮膚・眼・耳鼻咽喉科系の薬理)  単行本(学術書)  共著

    南山堂  2015年10月

  • 医療薬学「最新薬理学」

    荻田 喜代一  単行本(学術書)  共著

    廣川書店  2008年09月

  • 新しい機能形態学

    荻田 喜代一  単行本(学術書)  共著

      2005年04月

  • レセプター 分子薬理学的アプローチ

    荻田 喜代一  単行本(学術書)  その他

    講談社サイエンティフィク  1997年

  • 広川ニューロサイエンス4 神経伝達物質受容体「構造と機能」

    荻田 喜代一  単行本(学術書)  その他

    広川書店  1994年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Possible in vivo crosstalk between transcription factors with zinc-finger and leucine-zipper motifs in murine peripheral but not central excitable tissues.

    荻田 喜代一

      32   325 - 336  1998年

    その他記事 

  • Possible involvement of AP1 DNA binding in mechanisms underlying ischemic tolerance in the CA1 subfield of gerbil hippocampus.

    荻田 喜代一

      86   79 - 97  1998年

    その他記事 

  • Prolongation by bifemelane of potentiation of AP1 DNA binding in hippocampal CA1 subfield of gerbils with transient forebrain ischemia.

    荻田 喜代一

      51   574 - 582  1998年

    その他記事 

  • Signal transduction through ion channels associated with excitatory amino acid receptors, in Methods in Enzymology

    荻田 喜代一

      294   385 - 410  1998年

    その他記事 

  • Possible modulation by glutathione of glutamatergic neurotransmission, in Glutathione in the Nervous System(C. A. Shaw, ed. )

    荻田 喜代一

        137 - 161  1998年

    その他記事 

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ニューロン変性疾患の治療標的としての成体脳ニューロン新生活性化シグナル

    日本薬学会第138年会  金沢  国内会議  シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 

    2018年03月
     
     

  • 強大音響曝露に伴うらせん靭帯線維細胞死におけるMAPK経路の関与

    日本薬学会第138年会  金沢  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 腫瘍切除後マウスにおける炎症関連分子の発現変化と情動障害への関与

    日本薬学会第138年会  金沢  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 蝸牛外側壁のギャップ結合機能の破綻は蝸牛有毛細胞死を引き起こすか?

    日本薬学会第138年会  金沢  国内会議  ポスター(一般) 

    2018年03月
     
     

  • 有機スズ誘発性認知機能障害に対するオランザピンの作用

    第47回日本神経精神薬理学会年会  札幌  国内会議  ポスター(一般) 

    2017年09月
     
     

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第9回日本薬理学会学術奨励賞

    日本薬理学会  その他の賞 

    受賞国:日本国

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 感音難聴の予防・治療戦略を指向した内耳薬理学研究

    科学研究費補助金、基盤研究(c)

    研究期間:2016年04月  -  2019年03月 

  • ストレス性難聴のモデル動物と治療戦略に関する研究

    科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究

    研究期間:2013年04月  -  2016年03月 

  • 神経変性疾患治療を目指した神経新生シグナル制御の解明に関する薬理学的研究

    科学研究費補助金、基盤研究(c)

    研究期間:2009年04月  -  2012年03月 

  • 神経細胞死に伴って発現する神経新生促進因子に関する薬理学的研究

    科学研究費補助金、基盤研究(c)

    研究期間:2006年04月  -  2008年03月 

  • 神経細胞の死と生存を決定するミトコンドリア遺伝子発現制御メカニズム

    科学研究費補助金、基盤研究(c)

    研究期間:2004年04月  -  2006年03月 

全件表示 >>